<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

しょっちゅうこんなことになってます

ルーファスは耳が長く、耳の先が食器に入ってしまって汚れるので、ごはんを食べるときはヘアバンドみたいなスヌードを着けてます。ごはんが終わると「終わったよー」と言いにくるので取ってやるのですが、ちょうど食後にタイミングが悪く私がちょっと席をはずしていたりするとスヌードを着けたまま、食後の顔洗い(かならずリビングのラグで顔をこするんです...^^;)をしてしまうのです。で、面白いことが起きます。
e0078285_2172371.jpg
「前が見えない〜〜〜!」


見えなくて固まっていることもあれば、ふらふらと家具にぶつかりながら私に助けを求めて歩いてくることもあり。とにかく、この様子は可笑しくて(笑)。

とまあ、ルーファスは困るとすぐに人に助けを求める犬なのですが、一日に2回ほど与えるアキレスガムを食べている時にもよく助けを必要としていて、その時ばかりは「はーーー・・・^^;」と思います(笑)。

奥歯に柔らかくなったガムがくっついてしまったり、歯とほっぺの間に入ってしまって取れなくなったりすると、自力はどうにも出来ないらしく「あおーあおーーーあうーーー(泣)」とか言ってのたうち回りながら訴えてきます。
仕方ないので、私が手で取ってやるのです・・・(笑)。犬なのに(笑)!!!

でもまあ、そういうところも可愛いのですが(笑)。

『おまけ』ボクちんの大好きなおもちゃ、見せてあげるね!
e0078285_21145622.jpg
ルーファスが小さいときから大好きな「ひとくちサイズ」のぬいぐるみ。
汚くて原形が分かりにくいですが、動物の手の形をしています。
遊びたい時はこれを私のところに持ってきて、まずは自慢。
そこで私が羨ましがるとたいそう嬉しそうに鼻で隠します。
自慢しながら(?)走り回るのも大好きだし、キャッチするのも好きだし、このぬいぐるみに一体どんな魅力があるのか、とにかく大好きみたいです。
[PR]
by rufus-creek | 2011-11-29 21:07 | ルーファス

秋の週末

土曜日。朝から浜へ出掛けました。
目的は砂浜でルーファスを思いっきり走らせてやること!
布のフリスビーが好きなので、それを投げて遊びました。ルーファスは私の挑発にすぐ乗ってくるので、一緒に遊ぶのは本当に楽しい(笑)。
e0078285_2212386.png
浜でサックスを練習しているおじさんがいました。
さあ帰ろう、と駐車場に向かっていたら、ルーファス、おじさんに向かってダッシュ!おじさんのところで立ち止まってしばし鑑賞していました(笑)。
・・・どんだけ音楽好きなんでしょう(笑)。
上の写真の一番左の小さいのがサックスおじさんです。

「疲れている犬はいい犬」って言いますが、それは本当です。
ルーファス、運動が足りて楽しい時間を過ごしたら、とってもいい子。

日曜日は紅葉を探してもうひとつの森林公園へ。
e0078285_2218966.jpg

ちょっとだけ紅葉がきれい。今年は木々もどうしていいか分からない様子です。
で、芝生広場をまたまた疾走。今、ルーファスは夢の中です。
e0078285_22194270.jpg
ちょっと前、朝のグルーミング中に見つけたカリフラワー。
ルーファスの耳に出来てました。そんな年齢になってきました。
[PR]
by rufus-creek | 2011-11-27 22:15 | ルーファス

血液検査・採血

このところ、ルーファスの耳は綺麗で体調が安定しているので、健康診断に行くことにしました。簡単な検査をしてもらって、場合によってはより細かい検査をしようかということになりました。問題は採血です。年々嫌がるようになってきましたからね〜(^^;)やっかいです。
e0078285_23165119.jpg
「なにが〜?」


近所のクーパーでお願いしたのですが、スタッフさんの保定がそれは見事で、身動きできないルーファスは聞いたこともない悲鳴をあげてました。私は正面に立って顔をそむけさせつつ顔を撫でてやってたので、悲鳴はちょっと笑えました・・・(ゆるせ、ルーファス)。だって、まだ誰も何にもしてないんだもん!
不思議なことに、針が刺さった途端あきらめたのか静まりました(笑)。

触診と聴診の結果は特に問題なし。
毎年、冬になると痩せてしまうルーファス。
秋にちょっと太っててちょうどいいんです。
今回の体重測定ではいい感じに増量してました。ヨシヨシ♪
[PR]
by rufus-creek | 2011-11-24 23:21 | ルーファス

演奏会、無事終了!

ええと、機会がなくてちゃんと自分のブログに書いたことがなかったのですが。
私のバイオリンの趣味、ちょっと(かなり?)発展しまして、1年半ほど前から地元のアマチュアオーケストラに参加して演奏をしています。

レッスンの中でピアノトリオやデュオもやっていて、ソロにはあんまりやる気を出さず、アンサンブルの方がもっぱら好きな私に、先生から「アマオケに入ってみたら?」と薦められていました。「ええ?私が?そんな恐ろしいこと!」と2、3年、二の足を踏んでいたのですが、おととし(もう?)の冬にふと重い腰をあげて近くのオーケストラのコンサートに行ってみました。演奏している人たちがとっても楽しそうで素敵だったので、その勢いで見学を申し込み・・・。
その後いろいろと紆余曲折を経て現在に至ります。

秋の演奏会が、日曜日に終了しました。
今回はオーケストラの記念演奏会ということで大阪のザ・シンフォニーホールが会場でした。すごいホール!(私、シンフォニーホールに「ザ・」がつくこと知りませんでした。)そのホールの立派なパイプオルガンを使った、サンサーンスの交響曲がメインの演奏会でした。

ほぼ満席の会場の温かな雰囲気の中、オーケストラの中でみんなと音楽できて、本当に楽しかったです。ことバイオリンとなると緊張しがちな私ですが、ホールのどこかに座っているはずのお友達や家族の顔を思い浮かべたら不思議なくらい落ち着きました。お隣の方に支えてもらいつつ、集中して本番を演奏できました。
・・・感謝です。終演後、感動して涙が出そうで困りました・・・。
e0078285_15102890.jpg
半年間、ずっと一緒だった楽譜たち。
e0078285_15251951.jpg
パート譜はファイルにしまい、スコアは本棚へ。ちょっと寂しいな。
今回の曲は全部、何度も何度も演奏CDを聴きました。
その中でも、サンサーンスは本当にスコアでよく勉強しました・・・。
こんなに勉強した曲は初めて。

プログラム最初の曲は、ワーグナーの「トリスタンとイゾルデから前奏曲と愛の死」だったのですが、この曲はスコアに加えて、ワーグナーについて知るところから始まり、リズムとりにソルフェージュに、あらゆることをしてようよう演奏にこぎつけました。楽譜は臨時記号の嵐、難しかったです。

もうひとつのプログラムは、プロコフィエフの古典交響曲。
こういう「耳にサラサラ」系の曲は演奏するのが難しいと過去に痛感したのですが、やはりこれもその通りでした。

にわかにお手上げとなり、先生にレッスンで見てもらいました。
「Fさん(私)とプロコをやるなんてね・・・ある意味感動やわ」と言われつつ。
「全然遅い!」「拍感がない!」
挙句
「弾けないものを弾こうとすることに意味がある!」
とか言われつつ(笑)。この曲を一番さらったと思います。
弾けるようになったところが、ふと弾けなくなる恐怖も味わった曲です(泣)。



そして本番を終えた直後ですが、次の演奏会に向けて準備開始です。
e0078285_1534584.jpg
まだまだ慣れないオーケストラですが。
製本作業だけはすっかり慣れました!手際よく?完成です。
小節番号を書き込んだ以外は、まだピッカピカです。
[PR]
by rufus-creek | 2011-11-22 15:00 | 音楽のこと

新しいデジカメ・LUMIX LX-5

春に旅行している最中に、2度目の故障をして動かなくなってしまったLUMIX。
その頃、私はiPhoneを使い始めていて、携帯でありながらiPhoneはカメラ機能もなかなかのものなので、LUMIXの修理や買い替えは「ま、いっか〜」と無期延期になっていました。

最近になって、やっぱり写真は綺麗に撮影したくなってきて。調べてみたら、デジカメの世界も価格競争が激化していて、そのうえ女性ユーザーを意識した、軽量で使いやすく、こだわりのある商品がたくさん出ていて、予算が限られていても選り取りみどりといった様相です。

で、決めたのがLUMIX LX-5。見た目はちょっとレトロなカメラ。
我が家の初代デジカメはソニーのカールツァイス・レンズを使ったやつ。明るいレンズでとっても画質がよく、なんと、今も現役で使っています(笑)。ただ重いのと今となってはバッテリーがほとんどもたないのが難点です。その次にコンパクトデジカメとしてOptioを購入、ご機嫌で使っていましたが、ルフュパパがヨットに乗っている最中にポケットから落とし、まさかの藻屑と化してしまいました。その次にライカのレンズを使っているのがよさそうってことで、LUMIXに変えました。

そのLUMIXが故障してしまったのでした。次の機種の候補は2、3種あって、ステレオ録音ムービーが撮影できる一眼デジカメも魅力的でかなり悩んだのですが、やっぱり持ち運びしやすさで選ぼうってことでコンパクト路線になりました。早速、どんな感じか使ってみました。

↓ 昼の散歩で撮影してみました。緑が綺麗で秋の景色じゃないですね(笑)。
e0078285_21463331.jpg
↓ ズームがなかなか使えます。こんなに綺麗にズーム!
e0078285_21464956.jpg
↓ たんぽぽに蝶とまっていたので、ズームしつつ片手撮影。
適当に撮ったのに、こんなに綺麗な写真が撮れててビックリ。
e0078285_21473023.jpg
↓ 綺麗に輝く星が見えたので、試しに夜景と一緒にオート撮影してみました。
びっくりです。星も夜景も写りました。
e0078285_21471735.jpg
よーし、これからまたルーファスの可愛い写真を激写しまくりです(笑)♪
[PR]
by rufus-creek | 2011-11-03 21:45 | 家庭のこと

耳のクリーナー「オティ・クレンズ」

ルーファス用に愛用していた耳の洗浄液の「オティ・クレンズ」。
いつの頃からか、取り扱うショップがどんどん減り、入手困難になっていき・・・仕方なく、ビルバックで代用していました。その後、クリーナーはほぼ不要となり、久しかったのですが。つい先日、ふと思い出してオティクレンズを検索してみたら、出てきました!
e0078285_1516863.jpg
日本語になってる。なるほど、手に入りにくくなったのは、移行期だったのか?
で、明らかにパッケージは可愛くなくなってしまいました。
とりあえず、このクリーナーをまた使えるのは嬉しいのでヨシとします。

オティクレンズ、セール中だったので嬉しくてつい2本買ってしまった。
こんなリアルなイラストつきで届きましたよ〜♪
e0078285_155016.jpg
犬の鼓膜はこんなに奥深く、横についているから安心(?)。
e0078285_1551988.jpg
使い方もこんなに丁寧に書いてありますね~。
我が家では、耳に注ぐ。くちゅくちゅ耳の付け根を揉む。
ルーファスにブルブルってさせる。外耳を拭き取る。
以上です(笑)。
めん棒で中をこすったりせず、指に巻いた布や脱脂綿で拭き取る、丁寧にやるときでもせいぜい脱脂綿をカンシに巻き付けて届く範囲を拭う感じです。

春の不調以降、どうも左耳だけスッキリしなかったので、クリーナーをまた使うことにしたのですが、これで洗浄していたらみるみる綺麗になってきました。ちょっと気になる添加物(プロピレングリコール)が入ってはいるんですが、やっぱりまずは綺麗にするところから、と考えてヨシとします^^。汚れ落ちが本当にいいのに、刺激が少ないようで、ルーファスも全然嫌がらないんです。他の商品で「自然由来」とうたっている耳クリーナーでも、意外とルーファスは嫌がって「ボクちんの耳の中がヘンだーーー!」とのた打ち回ったりしていたんですけどね(笑)。これは全然嫌がりません。謎です。
[PR]
by rufus-creek | 2011-11-02 18:04 | 犬グッズ