<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

年内最後のルーさんシャンプー&バロックコンサート

ルーファス、年内最後のシャンプー!きなこさんにお世話になってまいりました。
e0078285_1133295.jpg
・・・左から見ても、ピカピカ
e0078285_1133138.jpg
・・・右から見ても、ピカピカ
e0078285_11332346.jpg
・・・下から見ると、ちょっとヨダレ???
(シャンプー後、公園で散歩してから帰ってきたので^^;)
クリスマスモチーフのバンダナ。可愛いでしょ^^。
きなこさん、ありがとうございました!
e0078285_11333136.jpg
↑ 冬至の夜はルフュパパと二人、元町はカフェAnthemにてバロック・コンサート。
私のバイオリンの先生を含む三人の古楽器奏者の皆さんの素晴らしい演奏と、キャンドルナイト、プラス、しょうが湯(ここでも冷え対策、笑)で冬の夜長を楽しみました。
e0078285_11333927.jpg
1600年~1700年あたりの宮廷で演奏されたというクリスマスのコンチェルトやシンフォニーを聴きながら、カフェの棚に飾られたクリムを眺めて・・・楽しいひとときでした。

1月29日には、ビオラ・ダ・ガンバとリュートのバロックコンサートがあるそうです^^。
出演者のおひとり、リュートの高木さんの演奏はテレビで一度見たことがありますが、心を鷲づかみされる演奏です。

いよいよクリスマスが近づいてきましたね^^。
みなさん、よいクリスマスをお過ごしくださいませ。
[PR]
by rufus-creek | 2009-12-23 11:33 | ルーファス

冬の海

ここ数日、寒さが厳しいですね><。
昨日の午前中、車の温度計を二度見しちゃいましたよ^^;
3度ですよ、3度。昼すぎにようやく4度。
・・・スゲー

ルフュパパがこのところヒジョーに忙しく、ルーファスのお散歩時間が取れないので、朝も夕も私がルーファスと歩いています^^。朝はとにかく寒さがしみるぅ~~~!
今日は、暖かい時間帯を狙って浜へ遊びに行ってきました。
暖かい時間帯のはずが・・・
・・・散歩を終えた時、両瞼を同時に開閉できないくらい顔が寒さで凍ってました^^;
e0078285_17162118.jpg
「オレら犬族はこれくらいが平温なのさー」

浜で見つけた木片を夢中でかじってるルーファス。
試しにちょっと置き去りにしてみたら、えらい焦ってました(笑)。

ルフュ家は、冬の海がどういうわけか大好きです^^。
[PR]
by rufus-creek | 2009-12-18 17:17 | ルーファス

生まれ変わった「ペットブリンカーズ」

今回買った「ペットブリンカーズ」、数えること3代目です。
1代目は、いつの間にか本体が行方不明に(ネジ式で緩めて電源オフになる仕組みだったので、その緩みが大きくなって落下した模様)。2代目は、だんだん接触が悪くなり、いくらネジを締めてもウンともスンともいわなくなってしまいました。というわけで、「ペットブリンカーズはお高い割に、長持ちしない!」と決別していたのです。

でも、この時期、のんびり歩いているうちに暗~~~くなってしまうこともしばしば。
悩んだ末に、ペットブリンカーズをもう一度、3回目の正直で購入を決意。

ところがです。
よく遊びに行ってるカフェ・プリムローズで品物を見せてもらってビックリ!
なんと、改良されております!これはもう即決^^。この日から散歩快適になりました。
(もしかして、随分前からこうなのかもしれませんが^^;)
e0078285_839248.jpg
↑ 真ん中あたりにゴム素材の黒いパーツがありますが、
これがスイッチなんですねー!

本体のネジを緩めたり締めたりせず、このボタンでスイッチON、OFFができます。
これは、すっばらすぃ。この構造なら、ゴミや砂も入りそうにないです。
e0078285_8405773.jpg
↑ 白い光が混じってる方が遠くからよく見えるよ、というプリムさんのアドバイスに納得!
今回は、ブルーと白の光にしてみましたら、よく見えますこと。
遅い時間の散歩も、とっても安心になりました^^。
e0078285_842767.jpg
↑ 近くの公園にて。
ネコの残り香を嗅ぎつけて、精一杯ノビーーーして探索モードのルーファス。
別にそんなに伸びなくても嗅げるんじゃ・・・(笑)。
e0078285_8443455.jpg
でも・・・
e0078285_844248.jpg
ボクちんはやっぱり明るい時間の森を歩くのが好きかな?ね!
[PR]
by rufus-creek | 2009-12-16 08:40 | 犬グッズ

楽譜は、設計図

ほそぼそと続けている趣味に、私のバイオリン、ルフュパパのピアノ&チェロの器楽演奏があります。月に1回以下のレッスンという超・のんびりペースでやってきていますが、ここにきて子ども時代に勉強したきり・・・な「楽典」を学ぼうという気持ちがフツフツと沸いてきて、本を一冊買いました。
e0078285_1162562.jpg
ず~っと不器用さを嘆きつつ、音階練習やテクニック練習をしてきました。
でも、どうにも演奏にそれが生かされない!
練習不足なだけかもしれませんが、先生のひとこと

「楽譜を端から端まで、順番にダーっと塗り絵みたいにキッチリ弾くのって一番大変」

が、私に大きな刺激に。
踏み切りに来て、砂場のどこまで跳ぶか考えてるようじゃぁ、とても跳べないんだわ!

曲が始まる前に、曲の終わりまで見通している。
楽譜という設計図をよく理解してから、着工する(笑)。
e0078285_11193338.jpg
曲の調性、転調、曲の構成・・・
タラ~~~、全然分からんようになってしまってる!!!

・・・というわけで、「楽典」を一冊になったのです。
自分なりに楽譜を理解してから、あらためて演奏してみると。
あら不思議!
ものすごくラクになりました。ウソみたい。
余分で不要な力を抜いていく工夫を探すのは楽しいです。
e0078285_118192.jpg
↑ 10年経過して、反りが気になりだしていた駒の板を交換しました。
音の出方がかなり改善されて、大満足。
e0078285_11192092.jpg
↑ いつも楽器を練習していると傍に来ます。
実は、足元が一番静かなんだったりして???

ルーファスはバッハが分かるオトコなので、厳しい聴衆です。
テキトーにメチャクチャ弾いたりしてると、顔をクッションの間に突っ込んだり、耳を出来る限り下に下げたり、耳ふさごうとします(笑)。
[PR]
by rufus-creek | 2009-12-10 11:01 | 音楽のこと

「ルイス・バラガン邸をたずねる」

住宅建築を手がける建築家が好きな私。中でも、不思議な魅力に引き込まれてしまうのが、メキシコの建築家・ルイスバラガンの作品です。

これまでも観光嫌いな割には、あちらこちらで好きな建築家の作品に実際に触れる機会を見つけてきました。なので、2007年に世界遺産にも登録されたというバラガン自邸など、そりゃもう実物を見る機会があったらどんなに素晴らしいか・・・と思っているわけです。でもね、メキシコは遠いズラですよ・・・。
e0078285_187308.jpg
ところが!今、その一部を見ることができる展示を「日本で」開催しているのです!!!
渋谷は神宮前のワタリウム美術館にて、2010年1月24日まで、「ルイス・バラガン展」。
ネット環境の発達に伴い、出張がほとんどなくなってしまったわたくし、どう転んでも開催期間の1月24日までに渋谷に行く用事は発生しなさそう・・・。
e0078285_18739100.jpg
なので、先遣隊(?)としてルフュパパに行ってもらいました(笑)。
いーんです。
自分の目で見れずとも(強がり)。
家族の目が、その目が見てきたと思えば気が済みます?!

ルフュパパは二つ返事で引き受けてくれた割に、バラガン建築に興味があんまりないのか、シラケた感想しか言ってくれませんが、気候も気温もメキシコのそれとは違うもの。
それに、スペースの制限があるから建物の高さ方向は表現できないもの。
(置いてある家具類は、なんと実物を展示しているんだそうです!)
でも、きっと違う空気があるはずだと思うんです(私のは想像ですが・・・)。
もし、お近くの方は覗いてみられてはいかがでしょうか^^。
[PR]
by rufus-creek | 2009-12-09 18:07 | 雑記

映画 『犬と猫と人間と』

前々から観たいと思っていた映画 『犬と猫と人間と』 が、ついに近くの映画館でも上映されることとなり、ハニフラさんとご一緒させていただき、観に行って参りました。
映画後は、Yuさんと合流して3人で犬談義。
e0078285_18494239.jpg
予告編などから映画の内容は予想して、かなりズシーンとくるだろうと覚悟は決めていたのですが・・・。
意外や意外。何ともニュートラルで、それでいて説得力のある非常によく出来たドキュメンタリー映画でした。鑑賞後、「できるだけたくさんの人に、特に子どもたちに、観て欲しい内容でしたね!」とハニフラさんと深く頷きつつ話したのでした。

監督さんは、この映画の撮影に至るまで、犬や猫を取り巻く現状をあまり知らなかったのだそうです。もしかして、そういう感じの人の方が多いのかも?とハタと思いました。私も、気付けばこうして「フツウの目線」で、犬猫の世界を見ることがなくなっていたのですね。
この度は、素直に、新たな気持ちで日本の抱える課題を考える機会を与えられた感。

この映画に出てくるような過酷な運命をたどる動物を減らすために、私たちに出来ること、

「その生のある限り、お世話すること」

種は異なれど、こうして家族になったんだもんね。
e0078285_19405269.jpg
この映画を観てから、ブログに書こう・・・と思っていたこと。このところ、プチバセが飼育放棄で保健所に持ち込まれたという情報を(複数)耳にしました。
放浪犬の保護・・・ではなく、「飼い主自身の保健所への持ち込み」が続いているようです。
「うるさい」「元気すぎる」「思っていたのと違う」?

純血犬種は、ある特定の目的をもって選択交配されて作り出されています。
プチバセットは猟犬。だから、運動量が多いだとか、うるさいだとか犬種の特性。
まさか、当然の特性を理由に飼育放棄など、あってはいけない・・・。

売らんがために、まさか「うちのプチバセは吠えません」「あんまり運動は要りません」なんてセールストークがなされていないことを祈るばかりです。どの犬も、犬は犬。ですが、ルーファスはプチバセですもの、犬種の部分には気持ち的に熱くなります。

犬を愛してやまない人は言います。

「苦労なしに飼える犬なんて、居る?」
「どんな犬も、苦労した分だけ可愛さが増すもんだよ」

私も同感です。
e0078285_19452560.jpg
話はまた映画に戻りまして。
映画の中に、しつけのアプローチについて、切実に考えさせられるシーンが登場します。
もしかするとこのシーンがもっとも衝撃的だったかもしれません。

やはり犬にはおおらかな気持ちで接してやりたいものだなぁ・・・としみじみしました。

全国各地で順に上映される模様の 『犬と猫と人間と』。
是非にぜひに、観てみて下さい!
[PR]
by rufus-creek | 2009-12-08 18:37 | 映画・TV

ふわぴかルーさん

関西の今日は、ほとんどまる一日雨でした~。
朝の散歩は中止、夕方は小雨の中ご近所さんと一緒にテクテク歩いてきました^^。
こんな日こそ、シャンプー・チャ~~~~ンス!!!

「なんのチャンスだって~~~?」

e0078285_18502481.jpge0078285_18503241.jpg

左がビフォー・ルーさん。右がアフター・ルーさん。

アフター・ルーさん、私的に満足なフワピカです^^。
e0078285_18504099.jpg
横から見たところ。

白い毛だけ、妙にモワ~~~っと伸びてるの、分かります???

ルーファスは茶・黒い毛はほとんど同じ長さをキープしているのですが、白いところだけ毛がグングン伸びるんですよ。謎のヘアースタイルをしているためか、お散歩中によく聞かれるのが「どうやってトリミングしているのですか?」。

こんな難しいヘアスタイル、自然以外に作れないと思います^^;

(白いところだけ、コートキングで梳いて長さを整えることを年に数回してます。)
[PR]
by rufus-creek | 2009-12-03 18:50 | ルーファス

朝の散歩

ルーファス、夜は私たちと一緒にベッドでゴロゴロ寝ます。
ただ、絶対に自分からは布団の中には入ってきません。
in the bed じゃなく on the bed がお好みらしいです(笑)。

スペースに余裕のある(背の小さい)私の足元が定位置で、基本、そこで丸まって寝ています。ときどき私のふくらはぎを、場合によってはおなかを「アゴ載せ枕」にしているらしく、そんな時、わたしは寝ていても顔をしかめているらしいです。きっとよくない夢見てるんだろうな(笑)。何かに押しつぶされる夢とか。

この時季から朝の散歩には、自前の毛皮があるというのにルーファスにTシャツを着せます。ベッドルームのヌクヌクと晩秋のアウトドア。急激な温度変化がよくなかろう、ということでお気に入りのぴっぴさんTシャツでお出かけです。
e0078285_10424439.jpg
・・・親ばかですね~ん♪

話は変わりまして。
しばらくお弁当作りをお休みしていたら、みるみる冷蔵庫に卵がたまってしまい^^;
お弁当の玉子焼きって必ず2個使うから、なくなるのも早いけど。逆もしかり。
う~ん、どうしよう。卵をいっぱい使うお菓子・・・。
この前はプリン作ったし。あ!シフォンケーキ!
・・・ということで、ほぼ1年ぶりにシフォンケーキを焼きました。
e0078285_10475352.jpg
「スパイスティーシフォンケーキ」
ジンジャー、カルダモン、シナモンなどの身体・温まる系スパイスと、粉砕した紅茶葉を入れたシフォンを焼いてみました。
卵は、らでぃっしゅぼーや(R.B.)の平飼い卵。贅沢~~~♪
そのせいでしょうか。ルフュパパ、絶賛です。
「今までに作ったシフォンケーキの中で一番美味しい」と喜んでくれました。
e0078285_10511286.jpg
「久々に焼く」ケースが多い我が家のシフォン。
毎度、この大事なプロセスを忘れて、一度は必ずペチャンコにしてしまう。

↑ 焼きあがったら、こうやってひっくり返して冷まさなくちゃいけない。

それを忘れると、中の水分があっという間に型の底に下がって、ペチャンコに!洋風の伊達巻みたいになっちゃいます。ぺちゃんこシフォンケーキは、それはそれで不思議な美味しさがあるので(?)全部食べるんですけど、やっぱりこのフワ~~~シュワ~~~な口どけはフワフワでないと。
[PR]
by rufus-creek | 2009-12-03 10:42 | 家庭のこと