<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

薬のこと

春が来て過ごしやすくなると、虫たちも活動が活発になりますね~。
うちは山が近くて、ルーファスにとっては楽しい環境なのですけど、ダニが多いのが玉にキズです。六甲山系のダニは、バベシア症を媒介することで有名なわけですが、今ではその範囲も拡がっているようです・・・。

去年からお世話になってるフォートレオン。
e0078285_9515691.jpg
うちの界隈のダニ、フロントラインに耐性が出来ちゃったのか、効果が期待できなくなりました。ハイシーズンになると、どうしても付くは、刺されるは、で困ってました。

フォートレオンは駆除剤ではなく、忌避剤らしいので、ダニがつくこと自体を防ぐタイプです。そりゃもう、薬剤は極力使いたくないのが本音。でも、ダニの大量寄生は避けたい・・・この1点です。ブラッシングや掃除、身体を健康に保つ、自然な虫除けを使う、など、環境を整えることだけではムリ!な時には、薬剤の力を借りてます。
[PR]
by rufus-creek | 2008-03-31 12:26 | 犬全般

「サイド・オープンカー」

え~、しばらくブログお休みになってしまいました(><)。
その間、事件が勃発しておりました。

うちの車の走行距離が20万キロを超えて久しいのは皆さんご存知と思いますが、車の電動パーツといいますものは、大体10万キロ、もしくは7~8年といった頃に壊れる(限界に達する)ようですね。
計算では、20万キロ走行すれば、2回パーツが故障するはずですよね。

・・・はい、助手席のパワーウィンドウが計算どおり、壊れてしまいました。
火曜日のことです。
仕事の打合せに向かおうと車を発進、するとご近所さんの姿が見えたので窓を開け
「駅までご一緒しませんか♪」
と声をかけました。

ご近所さんを乗せて、ご挨拶がひととおり終わったところで窓を閉めようとしたら

「ウィ、ウィ、ウィウィ、ウィ~~~~・・・・」

と不思議なモーター音を立てて窓が途中で停止。
・・・うんともすんともいわなくなってしまいました。
きたかーーー!しかも助手席からーーー??何故にー?(驚くポイントがおかしいような)

そういえば。前回、走行距離10万キロくらいの時期に運転席助手席ともウィンドウパーツを交換したのですが、その後すぐにETCが出来たんですよね。なので、運転席の窓開閉回数は激減していたのでしょう。助手席が先にダメになりました。

折りしも翌日は春の嵐!!!暴風雨です。
車を動かせず、修理にも持っていけず(笑)。
ようやく雨が上がったら、寒い寒い(><)。
寒いのに、我が家の車はサイド・オープンカーです。
冷気に凍える中、暖房で足もとがぬくぬくって・・・気分はオープン・カー(笑)?
今、我が家のカムカムちゃんはお泊りでパワーウィンドウ交換してもらってます。
e0078285_10492096.jpg
↑ 交換してもらったパワーウィンドウ・パーツ。

それから。もうすぐルフュパパとわたくしのチェロとバイオリンの発表会です。
それに向けて、リハーサルなんかが始まってきました。
木曜日、トリオ、初めてプロのピアノ伴奏と合わせてもらいました。
アンサンブル、やっぱり楽しいですね!すっかりハマってます。

今回の演目、バイオリンの二重奏(わたしと同時期にバイオリンを始めた知人と練習中)、ルフュパパとピアノ三重奏、出演者全員で合奏。アンサンブルばかり!
苦痛の多かったわたしたちの弦楽器も、ようやく楽しめるようになってきました。
チェロとバイオリンの間に寝転んで、ルーファスはいつもいい観客です。
e0078285_9522746.jpg

[PR]
by rufus-creek | 2008-03-22 10:15 | 家庭のこと

春が来て

気がついたら春が来てました♪
ルーファスも散歩から戻ったら、水をたくさん飲むようになってきましたよ。
春って、やっぱり心が浮き立つというか、芽吹きの季節というか、気持ちが明るくなります。

↓ わたしの春の気分ってこんな感じ~!素敵な詩です。
e0078285_1551769.jpg
山歩きしながら、芽吹いた木々を見て、土の匂いを嗅いで。
そこらじゅうに春が来てるって感じ。
e0078285_1034125.jpg
最近、ご近所さんから秘密の抜け道を教わりました。
山から家へ、あっという間に戻ってこれるルートがあったのです!
そのおかげで、平日の朝のお散歩コースに山歩きが加わりました♪
山に入るとルーファスは本当に楽しそうなので笑っちゃいます。
そろそろ山に入るとダニが心配な季節でもありますね。今朝、早速1匹見つけました。
[PR]
by rufus-creek | 2008-03-17 15:05 | 犬全般

「木の殿堂」+ドゥナツ♪

先週末、またルーファス連れでスキー場へ。
近くの「木の殿堂」というところ、一度行ってみたかった。

e0078285_1582844.jpge0078285_1584356.jpg
まるで要塞のような外観ですが、人っ子ひとりおらず、「シ~~~ン」という音がしそうなくらい、音がない。気持ちいいです。
左↑の写真は、ルーファスがブルブル!してる最中のワンショットです。
e0078285_159527.jpg
ルーファスと周辺を探検して、とても楽しかった♪うっかりしてスノーブーツを忘れちゃって、あまりズブズブと雪道に入れなかったのが非常に残念(><)。
e0078285_15105480.jpg
久々のスノボー、嫌々やるルフュママ(笑)。
おそるおそる乗ってみたら、なんか・・・フツウに滑ってる(↑)?!
・・・なんでやねん!と突っ込みたい(笑)。
来年、またウィンタースポーツにも精を出したいと思うルフュ家でした。

話は変わって・・・

e0078285_15132196.jpge0078285_15132810.jpg
マイミクのジェニ母さんは、アンテナが広く、美味しいものをほんとによくご存知です。
こんな美味しいドゥナツが日本に上陸しているんですねぇ!!!
ドゥナツには、ワックスペーパー♪
おニューのペーパー、出してきました(笑)。

「美味しい食べ方」が箱の横に書いてあります。
8秒間、電子レンジでチンします。

8秒・・・。むぅ~、どうしよう。
タイマーで8秒セット、にらめっこでスイッチオン。
よし!今だ!8秒弱で取り出したルフュママ。
外シャリシャリ、中ほわほわで美味~♪にいただきました。

ルフュパパは、8秒は8秒間だ、と思ったらしく、9秒セットしてきっかり8秒間温めたらしいです。・・・なんちゅぅ律儀さ!わたしより約1秒レンジに長くかけたそうです。
外シャリシャリ・・・ではなく、柔らかめになっていたそうです。中はほわほわ~!
でも、全体が柔らかいことで、より一体感が出ていたようです。
この8秒を割り出した人物が辿った道のりのようで(笑)、面白い体験。
ご馳走様でした~♪
[PR]
by rufus-creek | 2008-03-12 15:07 | ルーファス

電卓のメモリー

今年のわたしの確定申告シーズン、終わりました。は~スッキリです。
確定申告といえば、電卓は大事なアイテムです。
今日は、電卓の「メモリー」をご紹介してみます!

以前お世話になってたヤクルトのお姉さんが、玄関先で計算機片手に計算に四苦八苦されていまして。お節介かなと思いつつ、電卓のメモリーの使い方をご紹介したことがあるんです。計算が本当にラクになった!とすごく喜んでくださって、職場でも話題になったそうなんです。
e0078285_15264272.jpg
使い方はシンプルなのですが・・・

例:ヤクルト100円を7本、ジョア120円を4本、ヨーグルト80円を3つ、計算をしてみます。

「100」「×」「7」 とフツウに打ちます。
次に、「M+」を押します。
「120」「×」「4」 と打ち、
また「M+」を押します。
「80」「×」「3」 と打ち、
また「M+」を押します。

で、最後に「MR」を押すと、計算の結果が表示されます。
(「MC」を押すと、メモリーを消します。)
100×7の結果を「記憶に+」するって感じです。

計算し終わった後で「やっぱり、ヤクルトは2本返すわ」と、わがままな客(?)に言われてもヘッチャラ!いちから計算しなおす必要はないのです。

「100」「×」「2」 と打って
「M-」と押します。
で、改めて「MR」を押せば、ちゃんと2本分マイナスしてくれた計算結果が出ます。

それから。延々と足し算、引き算を繰り返す計算なんかでも、メモリー使うとラクです。

「あ!最後の最後に打ち間違えた!ぎゃーーー!」

な事態は回避できます。間違って打ち込んだ数字はクリアするだけでいいんです。
だって♪それまでの結果は「メモリー」に記憶されてますから♪

よかったら一度お試しください♪
[PR]
by rufus-creek | 2008-03-12 15:00 | 家庭のこと

謎の材質

スノボーが流行り出し、つい、興味本位で安物の道具を揃えてしまったのはおよそ10数年前。見るとやるとは大違いで、初めての時はこんなにしりもちばかりつくスポーツが世の中にあったのかとビックリ。帰りの車では、二人とも座ることすら苦痛・・・。

とまぁ、苦労話はさておき。以来、細々とではありますが、主にルフュパパが継続してスノボーを楽しんでおります。(わたしは近場の人口スキー場でサラサラ~っとスノボーするので十分満足。)安物の道具だったのですから当然ですが、ちょっと前にルフュパパのバインディングが壊れました。で、この度はそこそこまともなのに変えよう、ということで、1万円くらいの(それも安すぎ?)バインディングに交換しました。

この交換したバインディングが、今回のテーマ(笑)。

・・・このバインディング、見た目はいたってフツウなんです・・・・・・が!
e0078285_1027215.jpg
↑ 何故かひとりでに折れてしまったバインディング。ユリ・ゲラーか!

普段はしなやかな樹脂なのですよ。
ところが、肝心の雪の上に置くとですね・・・
カチカチになり、何故だか途端に脆くなり・・・
あろうことか、ポキポキと簡単に砕けてしまうんです。

↑の写真、実は自重に耐えられずに(!)ひとりでに折れてしまった図です。
e0078285_10222610.jpg
↑ 折れたバインディング。雪の上に置くと、指で簡単に折れる材質。
室内の気温では、折れないのですけどね~(笑)。

久々にスノボーを楽しもうとリフトに乗り、リフトを降りてスゥ~~~~~~っと滑って、セッティングゾーンに到着したルフュパパ。バインディング開放状態です。危ない、危ない。

雪の上を滑るための道具なのに!?
氷点下に下がった途端、強度が保てない素材を使うって・・・PL法的にどうなん?(笑)。
設計コンセプトが、根本から間違っとる。滑走中じゃなかったのが不幸中の幸いか。

悔しい思いを胸に、ルフュパパ無念の徒歩下山。
その悔しさをバネに、帰宅後モーレツにちゃんとした道具を探したようです。
でも、最後の最後につい、ケチっちゃうルフュパパ。
色なぞどうでもいい!と、黒いブーツなのに白いバインディングを選んじゃったようです。
e0078285_10243568.jpg
そうそう!大事なのは耐久性。見た目なんて、この際どうだっていいよね!
(と、なれるところが羨ましい)

今回はルーファスも一緒に雪山へ行きました。
e0078285_1029949.jpg
スキーしている人を初めて見たとき、ほんとに驚いていたルーファス。
人=歩いている、と思っているのか、スキーヤーの理解に苦しんでいるルーファス、観察してて面白かったな~(笑)。さすがに2回目ともなると、「ああいう不思議な動きをする人間もいたな、たしか」と思うようです。
e0078285_10291689.jpg
突然話はブットビます。
昨夕、バイオリンの先生の先生宅にて、二重奏の練習。
毎年お手伝いしているプログラム作り、今年のをお届けするのがメインの用事。
なんでか、今年のプログラムは評判がよい。毎年それなりに知恵を絞って作っているのだけど、なんでだろ???ルフュパパにも大好評。・・・不思議。
e0078285_10292220.jpg

[PR]
by rufus-creek | 2008-03-07 10:20 | スポーツ

ピアノ・トリオ

今回のバイオリンの発表会。
前回ブログに書いた時は、ヴィタリーのシャコンヌをソロで弾く・・・予定・・・でした。

が・・・俄かに挫折しました(笑)。
先生に泣きを入れたら、「え?もう?!」と驚かれましたが、泣きの直後、先生も楽譜をよく検討してくれて、「確かにありゃ~大変だったね、来年にしよう」と認めてもらえました。
で、今年はルフュパパのチェロとわたしのバイオリン、ピアノの先生のピアノ、でメンデルスゾーンのピアノトリオをやることにしました。

この曲は、大好きなカザルスのCDに入っていたもの。
e0078285_22184621.jpg
ホワイトハウスでの演奏会のライブ録音です。
買ってから、かなり経過して気がついたんですけど・・・。
聴衆に、ケネディ大統領、ジャクリーヌ夫人が写ってました。
e0078285_22205269.jpg
ルフュパパに「ほら、見て!」と教えてあげたら、シラ~っとした様子で「そんなの最初っから知ってたよ」ですと。なら、教えてよ!と思ったわたしでした。わたしは、やけにお行儀のいいカザルスのお辞儀に目を奪われ、聴衆を見ていませんでした。

お次は、ルービンシュタイン、ハイフェッツ、ピアティゴルスキーのトリオ。
先日、CDのジャケットのアルバム説明を読んで、思わず笑ってしまいました。
e0078285_22222372.jpg
「巨匠」といわれている人たちなんですが。人間、欲には勝てないものなんですね。
誰の名前を最初に持ってくるか、で揉めに揉めたらしいです(笑)。

ど~しても自分が一番になりたい、ハイフェッツ。
あ~でもない、こ~でもない、屁理屈をこね回したらしいです。
e0078285_22261985.jpg
ピアノ・トリオなのにバイオリンが最初なんて、聞いたことがない。
と、頑として譲らなかったルービンシュタイン。
e0078285_2231346.jpg
・・・その結果、障りのない?曖昧な名前の配置になっているのでしょうか。
不思議なことに、チェロを筆頭に持ってこようという話は、まったく出なかったそうです。
・・・ひどい人たちです(笑)。
[PR]
by rufus-creek | 2008-03-04 21:25 | 音楽のこと

ルーファス記念日

ルーファスが我が家にやってきたのは、ちょうど4年前。
前のうるう年の28日に、東京から飛行機に乗ってやってきました。毎年、ルーファスがうちに来た日は「ルーファス記念日」、どんなに夜遅くなっても、家族揃って記念撮影することにしています。ルーファスが我が家に来て、丸4年。なんと早いことでしょうか。

今年は、記念日にルーファスをランに連れて行ってやれました♪
e0078285_20172976.jpg
野性味溢れ、よく吠え、身体はおっきくても頭は仔犬!のルーファスに、
「天真爛漫で陽気な性格のまま、いい子に成長してほしい」と希望していました。気がつけば、なんともユニークで、わたしたちと呼吸の合う家庭犬に成長してくれました。親ばか炸裂ですが、ほんとに有難いことです。ま、よく吠えるのは変わっていないし、野性味に溢れているのも相変わらずなんですけどね♪そこがまた魅力ってことなんです♪
e0078285_2017362.jpg
PBGVという犬種の存在を知り、そののち、ルーファスに巡り合うきっかけとなったのは、例の「愛犬の友・正月号」です。その中の1ページ、ページいっぱいにPBGVの顔がプリントされていました。こんな面白い(可愛い)表情の犬がいるんだ・・・と驚いたのを憶えてます。先住のトトをなくして、悲しみから抜けられずにいたわたしたちでしたが、そのページを見た時、久しぶりに笑ったのでした。
e0078285_20174265.jpg
当時(今もですけど)、よく図書館に通い、知らず知らず、動物の本ばかり借りてました。
その中に、犬のトレーナーが書いた「ホームオーナー・トレーニング」(多分)という本がありました。その内容の一部が、当時のわたしに相当な衝撃を与えました。

「犬に自分の人生を投影してしまうような人は犬を飼うべきでない」
「犬の寿命を受け入れられないような人は犬を飼うべきでない」

人生云々について、そんなつもりは毛頭なかったし、子どもの頃にも愛犬との別れを経験していたし・・・。でも、わたしはトトとの別れをなかなか受け入れられず、悲しみにくれていたのですよね。まさか、自分の人生をトトに投影していたのか・・・?と激しく落ち込んだものです。わたしは犬の飼い主にふさわしくないのかも・・・もう犬を飼うのはやめよう、とまで考えていました。そんなくら~い気持ちを吹き飛ばしてしまったのが、例のPBGV!
「でも・・・すぐに次の犬を飼うなんて・・・」と悶々。
ルーファスの写真を見つめているわたしに向かって、母がひとこと

「可愛いじゃないの~!!!ね~、飼って!飼って!」

と無責任な発言をしたのです。
ですが、それが直接的な決め手になったのですから人生分からないものです(笑)。
そんなこんな、記念日には色んなことに思いを馳せるのでした。
[PR]
by rufus-creek | 2008-03-03 20:20 | ルーファス

厳寒の中にも春の兆し

e0078285_05181.jpg
少し時間が遡りますが・・・。2月23日の土曜日、激寒でしたが結構いい風が吹きそうだったので、気合で海へ行きました。さすがに途中で暗雲が垂れ込めてきて、横殴りの吹雪になった時は、車の中で凍りついた指先を温めながら待機していましたが、その中でも果敢にセーリングしている人が2人ほどいました。写真ではわかりませんが、北西の強風で雪が水平に降っています。
e0078285_053611.jpg
次の日曜日も行けそうなら行こうかな、と思いつつ朝目覚めたらご覧のとおり一面の雪景色。ボードの上にも雪が積もっていて、さすがに気持ちが萎えました。

e0078285_064298.jpgしかし、昼間は天気が良く、あっという間に雪が融けたので、夕方はルーさんの散歩で浜辺の公園へ。去年と同様、水仙が咲いているのを見つけました。

e0078285_074148.jpg海が呼んでるぜー!
(by Rufus)

海に落ちるよ!
(by ルフュパパ)

e0078285_082033.jpg夕闇迫る砂浜にて。ルフュママ、ゴロを捕る内野手のようです(笑)。
[PR]
by rufus-creek | 2008-03-03 00:13 | スポーツ