<   2006年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

マリエン薬局

先日、こちらで紹介しましたホメオパシー本。すっかり愛読書と化し、いつも身近に置いてあります。そんな中、新たに我が家に加えたいレメディも見つかり、試しにドイツのマリエン薬局というところからシングルレメディーを取寄せてみました。
e0078285_11325285.jpg
郵便なので、ポストに荷物が届きました。丁寧に梱包されていました♪いつも利用しているイギリスのレメディは、30Cというポテンシーのもので効果が高いとされているものです。今回はよりマイルドな12Dのものをお試しです。ホメオパシーの不思議なとこですが、原料が薄まるほど&振動を受けるほど、その体への影響力は強まるらしいです。なので家庭で救急用に利用するのは、上限30Cまでだそうです。

今回我が家に加えたレメディたち(写真:右から順に)
1) Thuja
ワクチン接種後の毒出しレメディと聞いて(すっかりこのことを忘れて、レメディ到着前にワクチンを接種させてしまったおっちょこちょいルフュママでしたが、笑)。本来、このレメディはイボの治療に使うそうで、ヒルトンハーブのディットンクリームにはこのThujaが入っています。
2) Coffea
最近の私には全く不要かも、と自分でツッコミを入れてしまいますが、神経が高ぶって眠れないときに。寝る直前まで大笑いしている、など、オフ会時に役立つやも?!?!
3) Dulcamara
季節の変わり目の体調不良、咳、気管支炎、ぜん息などに。
4) Graphites
皮膚の乾燥などに。
[PR]
by rufus-creek | 2006-12-24 11:32 | ホリスティック・ケア

トムくんと&マーメイド号

早朝、山登りをするのが大好きなルフュパパとルーファス。
同じように山登りをしているトムくんちと合流することしばしばらしい。
急に寒くなった朝、お気に入りの洋服を着せてもらったルーファス、トムくんと一緒に。
e0078285_110403.jpg
夜の散歩は、ハーバーに出かけました。なんだか今年は、世の中イルミネーションの嵐ですが、久々に「キレイだな~」と思う飾りつけを発見。
「太平洋ひとりぼっち」の堀江謙一氏のマーメイド号。
e0078285_1104792.jpg

[PR]
by rufus-creek | 2006-12-24 11:02 | ルーファス

馬のいる公園

長らくブログの記事アップが停滞しております。毎夜、PCを開く前に撃沈(泣)。
寒くなってきて、ルーファス元気一杯。毎日の夕方の散歩をエンジョイしています♪
先日、馬とトレッキングができる公園の下見を兼ねて、ルーファスと散歩してきました♪
すっごく綺麗なところでビックリ、ルフュパパ大興奮(笑)。中庭に響くヒヅメの大きな音にルーファス、ビックリ。

↓ 天皇陛下を乗せたという、われわれには全く無縁の馬車の前で記念撮影。
e0078285_10452918.jpg
↓ エリザベス女王でも出てきそう(?)。とってもビューチフルな馬房。
e0078285_1045345.jpg
↓ あり得ないけど。
私が馬に乗って、ルーファスもその隣を歩きつつ、山を散策するの図を想像(笑)。
だけど昔の人はこんな暮らししてたんだろうなぁ。
e0078285_10453917.jpg
↓ 夕暮れ時だったからか、人っ子ひとりいません。
広い広い公園内をひゅんひゅんと歩くルーファス氏。
e0078285_10454423.jpg
枯葉がカサカサいって、林の中を歩くのは最高の気分。公共事業費を道路ばっかりじゃなくて、こういう憩いの公園づくりに回してもらえたらなぁ!!!
[PR]
by rufus-creek | 2006-12-24 10:45 | ルーファス

その後

ドッグパークのその後。なんだかややこしいことになっているようですね。
犬たちの救済に当たった団体が、自身のサイト上で、このパークの犬たちを救うための寄付金を募っていました。その送金先の口座名義は代表者の個人名でした。団体名ではなかったと記憶しています。懸賞サイトで溜めたポイントをいろんな寄付に使っている私ですが、このパークの寄付金にも例によって溜まったポイントを換金&寄付しました。送金先は個人名の口座だったので、ちょっとこんなことを思いながら寄付しました。

「もし、だまされても腹を立てない。もし、これがウソでも腹を立てない。
 犬の医療費の足しになってくれさえすれば。」

その頃はニュースの報道も見ていなかったですし、実際に現地に足を運んだわけでもなかったですし、真偽のほどは全く分かりませんでした。そして、レスキューに当たった団体が、関西の団体なのに私自身聞いたことがなかったこともあります。ネットを通じて知った情報のみで、その情報によれば、生きるか死ぬかの瀬戸際のような犬がたくさん居るとのことでした。長期間に渡る治療が必要、食料も不足している。やはり心配でした。

ところが、割と早期に大半の犬が譲渡されたようですね。残っている犬は70頭程度、とサイトに書いてあってホントのところ、驚きました。必要な医療は新たな飼い主さんたちが施すことになったってことですもんね。団体HPのサイト上で発表されているように、もしもあれだけの多額の寄付金が集まったのなら、それぞれの病気の犬に必要な治療をして、もう少し経過観察をしてから、里親さんの元に出してあげられたらよかったのにな、と思わずにはおれません。もしくは新しい飼い主さんの元に行ってからも、この団体と連携して治療に当たれたらよかったのに(それとも、実際はそうなってるのかな?)。持病を持った犬と暮らすことは想像以上に大変なことだろうと思うのです。

テレビ等の報道は、物事のごくごく限られた面しか伝えていないでしょうし、報道する側に作られたストーリーもあるでしょう。報道の内容以上に酷い現実が隠れているのかもしれません。もしかすると、そもそも真実は誰にも分からないのかもしれません。
人間の身勝手な都合で、粗末に扱われる動物の命がなくなりますように。
そう願わずにおれません。
[PR]
by rufus-creek | 2006-12-20 20:57 | 犬全般

アジリティ 8回目♪

3日間、よく雨が降ったもんです!ルーファスは雨もへっちゃら犬なので、散歩は通常どおりに行けましたが、外で遊べないのがイケナイ。楽しくないんだもん、遊べないと(笑)。家の中でのトレーニング、久しぶりに引っ張り出した室内ウィーブポールなどでルーファスの脳を刺激する。ようやく晴れた昨日、朝から砂浜へ行ってひと遊び。こういう時の顔を見ると、本当に笑ってる。楽しいと思ってる犬を見るのは、飼い主の幸せ~♪

夜は、今年最後のアジリティレッスンに参加。雨上がりの地面というのは、犬にとってとても魅力的なんですね。どの犬も「くんくん」に燃えている(笑)。フィールド内での匂い嗅ぎはしない習慣を作っていきましょうってことで、くんくんしようとしたらアテンションをとるようにアドバイスされる。なるほどな。ルーファスは作業意欲の強い犬なので、ぼ~っとしてることがあまりない。手持ち無沙汰だと、自分で仕事を作ってしまう(例:不審なモノに反応する、吠える、など)。

なので、ルーファスが「・・・?・・・」と意識がそれるときに、すかさず(←これが難しい)アテンションを取って、私を見るという仕事を作ってあげる。うまく出来たら褒めてごほうび。この一連の作業をいずれは、「あれは何だ?」とルーファスが思ったら「お、飼い主を見よか」という思考に定着できれば。散歩中は、ルーファスの意識の向かう方向が限られるので先にアテンションを取れることも多く、トラック等もおよそ気にせず歩けるようになった。が、練習場のように360度、いつ何が起こるか分からない環境になると飼い主がルーファスの変化に気付かない。飼い主も「今は周りにケアする」「フリーにする」、切替えが必要と見た(苦笑)。

アジの練習もだけど、昨日はルーファスは主にハウストレーニングをさせてもらった。相変わらずよく掘り、よく吠えるルーファス(汗)。留守番トレーニングと一緒で、ほんの短い時間から始めて吠えないでいられる時間を延ばしていく。「吠えていない」タイミングを見計らうのか難しい。が、昨日はルーファスが少しは成長していることを発見させてもらった。クレートに布をかけておくと「見えないのが嫌だ~~~!見せろ~~~!」と嫌がっていたのに、昨日は、布をかけている方が落ち着いていられるようだった。

家の中でのクレートはちゃんと出来るから、外出の機会に練習するしかない。
こればかりは機会を作る努力が必要。

アジ自体の練習は、ウィーブポールを引き続き練習。ルーファスは、すごく上手になってます♪(飼い主はまだまだ、笑)誘導を減らしての練習も出来た。進入もいい感じ。
Aフレーム→トンネル→ウィーブポール。ハードル複数→ウィーブポール。
どれも最初は私の誘導ミスで失敗させちゃう。スピードコントロールや体の向きなど、ルーファスがどうしたら走りやすいか考えてやれないといけないんだな。受けたアドバイスを私が取り入れることが出来れば、やはりルーファスの動きがよくなる♪・・・なかなか言われた通りにはできないのが現実だけど(笑)。
また次回、一緒に楽しめるように、そしてクレートトレーニングも地道に取り組もう!
[PR]
by rufus-creek | 2006-12-16 11:32 | トレーニング

「ルドルフ・シュタイナー」

10年近く前、従姉から「シュタイナー学校ってあるの、知ってる?」と聞かれたことをきっかけに知った、ルドルフ・シュタイナーさん。哲学者だそうです。例によって非常に興味が沸いたので(笑)、図書館へ行ってみた私。そこで永田周一くんという青年が書いた「おもいっきりシュタイナー学校 周一君のドイツ日記」という本を見つけ、じっくり読みました。

周一君は、家族の転勤で右も左も分からないドイツに来て、それまでの彼の受けた教育とは全く接点のない(?)新しい教育環境、シュタイナー学校にいきなり飛び込みます。大きな戸惑いや驚き、喜びが新鮮な言葉で綴られていました。それこそ学校教育とは思えないような、のびのびとした学校生活を楽しむ彼らの日々がとても印象的でした。
ちなみに、周一君のHPはこちら。シュタイナー教育に関しては、子安美知子さんの著書がたくさんあります。

ところで日本にもあるんですよね、シュタイナー学校。しかも首都圏のみならず、京田辺にも。日本では、1987年に初めてシュタイナー教育を実践する学校が東京に設立されたようです。ですから、日本ではシュタイナーといえば学校教育が一番メジャーなのかなって思うのですが、案外身近なところにもシュタイナーさんの思想は拡がっていました。例えば、シュタイナーさんが提唱したバイオダイナミック農法です。

e0078285_1342501.jpg我が家で最近愛用している、オーガニックシャンプー♪文房具の取寄せで愛用しているポータル・アスクルで買ってます。アスクルも便利になって、様々な生活雑貨品を「明日来る」できます♪我が家の常備品、スピガドーロトマト缶もあります(笑)!
話がそれてしまいましたが、シャンプーのこと。「bio Leaves(ビオリーブス)」のシャンプーとコンディショナー、シュタイナーさん提唱のバイオダイナミック農法の指導を行う団体が認定した材料を使って作られているそうです。洗い心地も悪くないです。ミントが地肌に気持ちいい、とそのよさをルフュパパにすぐに嗅ぎつけられてしまいました(笑)。コンディショナーをペアで利用しています。以前こよなく愛用していたシャンプーが入手できなくなり、以降彷徨っていた我が家でしたが、これに出会ってようやく落ち着きました。

先日、ある方にWELEDAの化粧品について教えていただきました。なんと!そのWELEDAもシュタイナーさん提唱する人智学に基づいて化粧品を作っているのですって!!!
う~ん、素敵だ。このWELEDAでもホメオパシーのアイテムを幾つか扱っています。
ついでに。こんなファームを見つけてしまいました。どこにあるんだろう~!こんな場所。
日々の暮らしで環境に負荷をかけている私。感謝の気持ちが足りませんわ。
[PR]
by rufus-creek | 2006-12-13 13:20 | 家庭のこと

湯浅の暴走族

e0078285_2359347.jpg
てんでバラバラの方向に走る、メロディーちゃんとディマンシュ君とルーファス。ディマちゃんはボールを。ルーファスのお目当てはタンタン君?メロディーちゃんは?
e0078285_23585117.jpg
まずは、6ヶ月のジャックラッセルの子犬ちゃんと追いかけっこ。途中で一瞬、ディマンシュ君も参加。
e0078285_005288.jpg
珍しくタンタン君とメロディーちゃん。すごい躍動感。右端はくるみ姐さん?

e0078285_01977.jpgタンタン君の勇姿!いつもはおっとりさんだけど、今日は寒いせいか絶好調。走り方や走ってる時の顔はルーさんと似てるね。
e0078285_014083.jpg
タンタン君にしつこくちょっかいを出していたルーファス。タンタン君もついに怒って走り出してくれた。本気で走るとルーさんより速い。
e0078285_01511.jpg
メロディーちゃんのスピードには絶対かなわないので、小さい半径で走るルーファス。でも楽しいね!
e0078285_044678.jpgたまたま居合わせたラブちゃん達は、12月だというのに、プールにザッブ~ン!ルーファス、真似しなくていいよ。
そういえば、帰りの高速道路でホンモノの暴走族に合ったけど、途中のSAでカワイく記念写真を撮り合って、“想ひ出づくり”してた。
[PR]
by rufus-creek | 2006-12-11 00:02 | ルフュパパ

忘年会合宿♪

2~3日の二日間、和歌山は湯浅に、プチ仲間忘年会合宿のため行って来ました♪
いつも行く土山と違って、ほどよい広さのランのパートナーズハウス湯浅。
目も行き届き、犬もほどほどの距離を疾走できるのでいい感じで疲れる模様。
ん~、広けりゃいいってもんでもないね、と皆感心。
e0078285_1250469.jpg
くるみ姐とルーファス。
e0078285_12505235.jpg
TANTAN家とは、どうしても山を一緒に歩く運命です(笑)。
e0078285_12505785.jpg
珍しく、TANTANくんが私の顔を舐めてくれました。
ペロペロペロペロ・・・延々と続きます(笑)。
e0078285_1251235.jpg
そうこうしてるうちに、クシャミしてしまった私。
その瞬間のTANTANくんをルフュパパが激写!

・・・そんなに嫌がらなくても・・・(泣)・・・

奥の方でディマちゃんが闊歩してますね♪
e0078285_12511284.jpg
フーちゃん、グレースちゃんと一緒に。
e0078285_12511866.jpg
TANTANパパに見守られて眠るルーファス。
e0078285_1251784.jpg
合宿を終えて、ルーファスと三人で御坊へ。
太平洋を見渡す高台にて。

[PR]
by rufus-creek | 2006-12-02 22:46 | 旅行