<   2006年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

志野ちゃん

まだ3ヶ月に満たないアフガンの子犬の志野ちゃん。会いに行ってきました。
ママさん、ありがとうございました~♪
e0078285_11585037.jpg
志野ちゃん。子犬なのにすでに麗しい!さすがです。
足もか~な~り~、長い(笑)。私より長かったりして・・・!
お昼寝タイムの前に写真撮影。
e0078285_11585612.jpg
葵ちゃんの後姿。本当に可愛いです。絵本みたい♪
葵ちゃんは志野ちゃんの登場で3日間ハンスト(?)したそうですが、あっという間に姉妹になって今では大の仲良しだそうです。さすが葵ちゃんです!
e0078285_115921.jpg
今や少々のことではビクともしない、最年長ディディ姐です♪
いつ会っても麗しさは同じです。

[PR]
by rufus-creek | 2006-10-31 15:59 | ルフュママ

「ふれあいフェスティバル」

今日、地域福祉協会が主催する「ふれあいフェスティバル(敬老会のようなもの)」にスタッフとして参加してきました。地域の高齢の方たちを招いて、しばし楽しんでいただこうという催し。といっても最近のご年配の方は皆さんエネルギッシュでお元気で、比較的若者の部類の私の方がよっぽどヨレヨレしてたりしますがね(苦笑)。そうそう、主催する側のスタッフの皆さんもほとんどがお孫さんがあるような方ばかり(!)。さらに年上の人たちのためにあれやこれやと気遣っておられて、頭の下がる思いです。

今日のフェスティバル、会場の飾りつけも皆で協力してやりました♪そして色んな出し物があって、音楽や歌、演舞などを楽しませてもらいました。小学4年生の子どもたちによるリコーダー演奏も、すごく心がこもっていて感激でした。またプログラム最後には、高校生による「獅子舞」がありました。獅子舞といっても中国南方地域のものだそうで、何だか可愛い雰囲気の獅子舞です。獅子なのにお耳をパタパタしたり、まばたきしたり、表情豊かなんです。「獅子に頭を食べてもらうと元気で長生きしますよ」と説明があったので、みんな喜んで獅子に頭を差し出していました(笑)。

色とりどりの獅子舞が4つ会場内を練り歩きます。ああ、どうしてデジカメ持ってなかったんだろう・・・私。高校生男女の繰り広げる獅子舞、すごい迫力で素晴らしかったです。圧倒されました。もう、会場はず~~~っと拍手の渦!何でも、海外遠征してるようなグループだそうです。獅子舞は2人一組で動かしていて、前後の動きが全くずれることなく、まるで生きた獅子のようです。前後左右の動きのみならず、高く立ち上がったりするんです!ポ~ン!と獅子の頭をもった男の子が、肩の高さより上に跳んでバ!っと肩車ですよ。すごい、すごい。いやぁ~、若くて礼儀正しい子どもたちの、心のこもった演技に心打たれました。拍手は鳴り止まず。

手作りのこうした行事って、いいなって思いました。毎年決まった予算で何となく同じことを繰り返すよりも、心に残るのかもって♪自治会や地域の活動って、中にすっかり入ってみると出会いもあるし、色々勉強にもなって楽しいものですね。
[PR]
by rufus-creek | 2006-10-28 20:35 | ルフュママ

トトのこと

10月24日は、トトの3回目の命日でした。
この写真は、トトが私たちの元を旅立った日にルフュパパが写した空です。
e0078285_1938235.jpg
私は全然知らなかったのだけど、ほんの数分間だけ広がった夕焼け空だそうです。
ルフュパパはこの空を見て、「ああ、トトは天国へ行ったんだ」と思ったそうです。

トトは、しっかりした可愛くて優しい子でした。私たちを支える存在でした。7歳を過ぎてから心臓の慢性疾患が見つかったり、高齢になってからは体力が落ちてパルボに感染してしまったり、膝蓋骨亜脱臼になったり、本当に色んなことがありました。でも、どんな時も病気に負けずに回復して、最後まで楽しい毎日を送りました。

たくさんの犬嫌いの人、犬がトラウマになっていた人に、「犬って本当は優しいんだね」と思ってもらいました。トトを介して、色んな人と交流が生まれました。誰からも愛される不思議な魅力を持っていました。ルフュパパも「犬とこんなに心が通い合うとは思ってもみなかった」と、犬が大好きになりました。トトはほんの小さな体でしたが、大きなことを成し遂げたのじゃないかと思います。
e0078285_19464475.jpg
もう抱き締められない。もう話も出来ない。もうキスすることもできない。
一緒に風を感じることもできない。
悲しくて淋しくてたまらなかったとき、お友達が詩を送ってくれました。「1000の風」。
この詩に、言葉に出来ないほど救われました。
「1000の風」で検索すると、色んな日本語訳が見つかると思います。
今、私はトトのことを思う時、心の中が温かくなります。懐かしい愛しい気持ちです。
そして、ルーファスとの平和な毎日を一層大切に感じるのです。

A Thousand Winds

Do not stand at my grave and weep,
I am not there, I do not sleep.

I am a thousand winds that blow;
I am the diamond glints on snow.
I am the sunlight on ripened grain;
I am the gentle autumn's rain.

When you awake in the morning hush,
I am the swift uplifting rush
Of quiet in circled flight.
I am the soft star that shines at night.

Do not stand at my grave and cry.
I am not there; I did not die.

Author Unknown

[PR]
by rufus-creek | 2006-10-26 19:38 | ルフュママ

タルト・タタン

タルト・タタンに初挑戦♪毎年お決まりのお菓子はタルト・ポムというサブレ生地に炒めたリンゴを敷き詰めて、てっぺんにクランブルをふって焼くもの。今年は先日入手したスキレットがあるので、これは一度やってみようと思いました。
e0078285_1051689.jpg
せっせと皮をむいたリンゴ、12個!キャラメリゼしてスキレットにぎっしり並べたところ。
e0078285_10511272.jpg
並べたリンゴにタルト生地をかぶせて、焼き上げたところ。
e0078285_10511728.jpg
ひっくり返した完成の図♪すごくさっぱりした出来上がり。
ルフュパパは「いつものタルト・ポムの方が好みだな~」と淋しい感想を述べていました。
来年は、この表面にカソナードをふって更にキャラメリゼして仕上てみよう!
[PR]
by rufus-creek | 2006-10-24 10:51 | 家庭のこと

犬連れお料理教室

先週、じじちゃんのおうちにお料理教室に行ってきました♪
前回のレッスンに引き続き、またまたルーファス同伴で参加させてもらいました。
前回の中華も素晴らしかったけど、今回の和食も感動。
Gonママさん、じじ子ままさん、毎度大騒ぎの二人、お世話になっております(汗)。
e0078285_1582390.jpg
「美味しそうな匂いが漂っているねぇ。で、ボクちんはどう絡んでくるのかな?」
・・・
「ルーさんはこのお料理には全く絡まないよ」
・・・
「え!そうなの?!?!・・・あそう・・・(ションボリ)」
e0078285_1583579.jpg
バリが大好きなママさんの素敵なテーブルセッティング。美味しそうなお料理たち♪

前回のお教室(2006.9.5)
じじ子ままさんのご好意で、ルーファス同伴でお料理教室に参加させてもらいました♪
じじちゃんに温かく迎え入れてもらった直後、ルーさん、いきなり1ヶ月齢の猫のみーちゃんとご対面~。仲良くなれるかな???と一瞬期待しましたが。ルーファス、
・・・嬉しすぎて吠えすぎ(泣)!!!
ビックリしたみーちゃん、まだちっちゃい赤ちゃんなのに全身の毛を立ててシャ~!
ごめんね、みーちゃん・・・
e0078285_1741153.jpg
先生のGonママさんはじめ、皆さんの手早さにただ驚くばかり。
美味しそうでしょう~(不思議な自慢)♪1時間ほどで完成(早い)~~~♪

時々私の足元でフセて眠ったり(♪)、時々ママさんたちの作業を妨害したり(汗)、時々じじちゃんのゴハンを催促してみたり(大汗)、全く油断できないルーさんでした。
[PR]
by rufus-creek | 2006-10-23 16:37 | ルーファス

ある日の診察

あっという間に毎日が過ぎています・・・。
色んなことがあり、色んな写真を撮影しているのに、記事が追いついておりません。
継続は力なり、本当です(泣)。「また後で・・・」繰り返すとこういう結果になります(大泣)。

ええと、少しずつ過去を振り返りながら記事をアップしていこうと思っています。が、先日獣医さんに行ったときのことを忘れる前に書いておこうと思います。ルーファス、3歳を迎えた&アニマ・ストラスを使い始めた、この2点が相乗効果をもたらした模様で、あっという間に400g太ってしまいました。急激な体重の変化はイカ~ン!と慌てて食事量を調節し、激しい運動はお休みし、適度な運動をさせました・・・。

実はルーファス、3歳になるまで、いくら食べても体重にほとんど変化がないという何とも羨ましい体質をしていました。3歳を過ぎてようやく成長も止まったのか、体重が増え始めたみたいです。「ルーちゃん、おっきくなったんじゃない?」「あれ?ルーファスくん、胴、伸びた?」「なんかでっかくなったね」・・・大きくなったことを指摘されつつの、3歳です。最後の成長だったみたい(笑)。一般に1歳半~2歳くらいで成長が止まると聞きますが、結構長い間成長って続くものなんですね~。

食事の型紙を体重に対して2%にしたら、元の体重にスゥっと戻りました♪食事が減ったのにお腹もすかないみたいです。相変わらず、食意地は張ってますけど(苦笑)。ところで、ルーファスの体重が増えてから、後肢に何~となく不安を感じていた私です。
何とな~く・・・。で、一抹の不安を獣医さんに話しに行った、という訳です。

いつも観ていただいてる院長先生は緊急オペで不在だったのですが、代わりの先生とゆ~っくりお話できてよかったです♪関節や心臓、丁寧に診察していただきました。今のところ私の感じている「一抹の不安」を裏付けるような症状は見当たらない、とのことでした。今後の体の管理、食事の管理、季節の変わり目の管理、などなど色んなことについてお話が出来ました。こちらの病院で、ルーファスの食事について話をするのは初めてだったのですが、意外なことに賛成してくださいました。そして「ルーファスは幸せだね♪」とルーファスの頭を撫でてくださいました。・・・時代は変わってるんですね・・・♪

ルーファスの体のこと、これからも大切に見守っていこうと思います♪以前に比べたら無茶なことをしなくなったルーファスなので、遊びに行った時にあまり制限しなくなっている我が家ですが、やっぱりきちんと休ませて体調管理していこうと思います♪

※ 8月ごろに購入したアニマ・ストラス。これまた何とな~くですが、いい感じです。たまに与える加熱調理した食事の日やフィラリアのお薬の前後などに与えてます。季節の変わり目の今は、思い出したら与えてます。ルーファスの食事の基本は生食(BARFダイエット)なので、生の時は要らないかなと思っていますが・・・。
アニマストラス、使われてる方、いらっしゃいますか?そして、どんな印象ですか♪
[PR]
by rufus-creek | 2006-10-22 22:39 | ルーファス

ジャム作り

秋=紅玉
秋=栗
秋=秋刀魚



秋ってほんとにいい季節♪
紅玉が出回るのはほんのわずかな期間。小ぶりで酸味があってしっかりした果肉のリンゴ、大好きなので秋が来たらタルト・ポム、キャラメルのアップサイドダウンケーキ、簡単りんごケーキ、などなど紅玉を使ったお菓子を作ります。

今年は、JAタウンで産地から直接リンゴをド~ン!と送ってもらいました。
e0078285_14423823.jpg
先日、WECKの保存容器を準備していたので、早速ジャム作り♪
半年分くらい作って、ちゃんと常温保存できたらいいな~・・・と目論んでます。
e0078285_14447100.jpg
いつになくしっかりと密封できている模様♪簡単には開きそうにないです。適当な空き瓶で保存食作ってたときよりキチンと出来てる気はします。ああ、こうしてガラスの製品を使って暮らせる幸せ♪今回のリンゴは結構甘かったのでしっかりレモンを効かせて調整。手作りケフィアに混ぜて堪能、アイスにかけて堪能。世の中にはもっと美味しいジャムはあるのかもしれないけど、新鮮な果物を使った手作りの素朴な味はやっぱり最高!
[PR]
by rufus-creek | 2006-10-20 14:42 | 好きなもの・美味しいもの

次の発表会

ついこの前、バイオリンの発表会が終わったばっかりだったのに。

「もう来年のスケジュール、決まったよ」

と先生。え~~~~~~~~~~!
発表会が終わってから始めたコンチェルト、まだ終わってないんですけど(苦笑)。
「テクニック的にはもうやることないし(っていうか限界だし)、あとは伴奏をご主人に練習してもらって、曲を作る作業をやっていく段階だよね。もう終わろうよ♪」と軽い先生。

「さ、来年の曲、決めよ」

私、コレルリのラ・フォリアをやりたいです。前、弾こうと思ったら子どもが弾くことになって中止になったから、今年こそやりたいと。バロック系のリクエストにはいつも快諾の我が先生。私もバロック音楽は大好きなんだけど、特にラ・フォリアは大好き♪
前に練習しかけた時は、自分の奏でる音楽に愕然とし、人前で弾けるようになるとは思えなかった、ラ・フォリア。あれから数年経過しているためか、そこそこノビノビした感じで弾けそうだ。
がんばろ!
[PR]
by rufus-creek | 2006-10-18 16:30 | 音楽のこと

昼寝の季節

e0078285_12205970.jpg
すがすがしい秋の今日この頃、昼間はこんな感じで寝てばかりのルーさんです。
でも一応、寝る場所にこだわりがあるらしく。

■ 私がダイニングテーブルで作業をしている時は、マザーボールで「寝る」。
e0078285_12231253.jpg
■ リビングでくつろいでいる時は、ソファで「寝る」。
■ 階下にいる時は、階段の踊り場で「寝る」。
■ キッチンで作業をしている時は、冷蔵庫の前で排熱の風に吹かれて「寝る」。

することは同じ「寝る」なんだけど、律儀に場所替えをします。
でもね、半径3m以内でテキト~な場所にいて、あんまりくっついてこない。
・・・そこはやっぱりプチなんだな♪
あ、例外が一つ。
キッチンでは、わたしのかかとあたりに頭をペトっとくっつけて寝てます。

「いつでもオヤツは大歓迎です」

なアピールは欠かしません。
[PR]
by rufus-creek | 2006-10-15 12:52 | ルーファス

「子犬を飼ったあとに」

イアン・ダンバー博士ってご存知ですか?獣医師であり動物行動学者のおじさんです。
「犬にフェアなしつけ」を紹介しているおじさんです。コングのおじさんです(笑)。
ルーファスを迎えることを決めた当時、ネット等で調べた範囲では、プチバセットは「しつけに根気がいる犬種」だと紹介されていました。根気のいるしつけって、どんなの・・・???

早速犬のしつけについて知ろうと思い、探した本です。本家のHPの本コーナーにも紹介していますが、「子イヌを飼う前に(赤いカバー)」「子イヌを飼ったあとに(青いカバー)」、ほかに「ダンバー博士のイヌの行動問題としつけ―エソロジーと行動科学の視点から」という本もあります。

e0078285_12425997.jpg中でも、私が特に気に入っているのは、「子犬を飼ったあとに」です。今でもよく相談に乗ってもらう大切な友達です。この本のおかげで、ルーファスはお留守番を覚えられたと思います。いや、ルーファスにお留守番を教える方法を、私が教わった、の方が正しいでしょうか。
子犬を家に迎えて、大人になる3歳くらいまでをどんな風に過ごすのがいいのか、優しく教えてくれる楽しい本です。うまくいかない時も、いっぱい励ましてもらいました。「みんな通る道なんだよ?」とダンバー博士が背中を優しく叩いてくれます。
[PR]
by rufus-creek | 2006-10-15 12:33 | トレーニング