<   2005年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ペットパティース

旅行の際に活用してみようと思って購入していたペットパティース

旅行中、手作り食に興味のある家族で分けて利用してみました!
このフード、フリーズドライの生食になっていて、1パックに10枚のパティが入っています。
ルーファスの体重は14kgで、大体1日1パティで十分な量。

なんと、この1パックで体重90kg分の犬の1日分の食事になります。
ルーファスですと、6日分の食事です。

さてさて、実際に使ってみました。何ともいえない匂い(いい匂いともいえない?)がします。
この匂い、犬が好きな匂いのようで、開封した途端、全ての犬が集合しました(笑)。
このままでは争いが起きるということで、水に浸してふやかす20分の間、容器はサークルの
中に入れて、誰も近づけないようにしました。

ふやかした後の色は、よくありません(笑)。
匂いも微妙です。

が!しかし!!!

犬たちはやはり大興奮。あ!!!っという間に完食です。
食べた子は、ほぼ全員が好むテイストだったようです。

そして、次の日みんな素晴らしい排泄でした。
e0078285_1223481.jpg

[PR]
by rufus-creek | 2005-07-31 21:37 | 手作り食

岐阜へおでかけ

週末、お友達と岐阜へ遊びに行きました。

さすが岐阜。昼間は気温はそこそこ高いけど、朝・夕は冷え込むほどの涼しさ♪
犬たちは平和そうです。
強烈な雨女である私・ルフュママパワーも、ルーファスの晴男パワーに圧され気味
なのか、お天気はうす曇のちょうどいい感じでした。
(帰りは豪雨でした、笑)
小さなドッグランもあり、お泊りするキャンプ場でも、犬はフリーでいられます。

ルーファスは、例によってクレートも持って一緒にお泊り。

子供の頃は、家族でキャンプに出かけたりしていたけど、大人になってからは本当に久し振り。
ホテルでの宿泊と違って、犬の荷物は少なめです。

仲良しのディマンシュくん、ビビちゃんと ♥
e0078285_12254784.jpg

[PR]
by rufus-creek | 2005-07-30 00:25 | 旅行

桃の季節

年に1回だけ、夫の両親から素晴らしい桃が届く。「白桃」の「水密桃」。
結婚した年に、県外には出回りにくいという噂の、この桃を食べたときのこと・・・
本当に鮮明な記憶・・・まさにうっとり!

今年も週はじめに届けてもらった。このパッケージからして、もうウットリ ♥
e0078285_12273897.jpg
桃の食べ方に関しては、ルフュパパのこだわりがあるので、素直に従うわたくし。
大きいボウルに氷水をたっぷり入れて、食べる30分くらい前に桃を入れる。
ほどよくヒンヤリとしたところで、お皿に丸ごと載せて、ナイフとフォークを使い、背筋を
伸ばして・・・(背筋は伸ばさなくてもいいと思いますが、笑)。

くるりと一周ナイフで切り込みを入れ、両手でそうっと抱えてクルリと互い違いになるように
ひねる。すると、きれいに2つに割れるというわけ。

ツルリと皮をむいて、いただきま~す!!!
[PR]
by rufus-creek | 2005-07-29 19:05 | 好きなもの・美味しいもの

グリーンドッグの日

今日は月に一度の「グリーンドッグの日」(笑)。

毎月、1回だけお買い物をすることにしています。というのも、欲しいなぁと思うものが
ある度に注文していると大変なことになってしまうからです♪
注文日までは、お買い物リストにプチプチと欲しいものを入れたり出したりして、検討に
検討を重ねます。途中、ルフュパパにも相談、必要なもの不必要なものを考えます。

そんなこんなで今日届いたものは・・・♪

普段食べている穀物と野菜・ハーブのブレンドの「ケーナインヘルス」を筆頭に・・・

* DENESのピルクラッシャー

  これは、普通に売っている700~800円のもので十分と思います・・・
  ポイントがたまっていたので選んだ商品です。
  ルーさんのサプリ(ハーブ類も)は、錠剤なので、粉末にしたいなぁと思っていました。
  これで、毎日ラクゥにつぶせます。

* ケフィア(スーパーヨーグルトの種菌)
  
  これは初挑戦!ナナキママさんによると、とても食べやすいまろやかテイストなのだ
  そうです。人間もルーファスと一緒にヘルシーを目指します(順序が間違ってる?!)。

* トランキリティ・サポート
  
  ヒルトンハーブの落ち着きハーブ。最近フレアママさんに教えていただいたハーブ本で
  興味を持ったハーブのブレンド。うふ、お試しします!
  リラックスするハーブだそうです。

* ペットパティース

  携帯用・非常用の、犬の生食用フリーズドライフードです。
  水に浸して20~30分で、ヘルシーな生食の出来上がり!だそうで、初挑戦です。
  またレポートします。

* ルーファスのオヤツに、アキレス(1日1~2本与えます)。

  そして!初挑戦の「ハムボーン」。つおそうな名前(笑)。
  今まで、ナチュラルハーベストのナックルボーンしか与えたことがなかったのですが、今回
  初めてネイチャーズバラエティに挑戦です。さぁ、ルーさんの反応は???
e0078285_12274726.jpg
なかなか、いいようです(笑)。一生懸命抱えてゴ~リゴリやっております。
しかし、ボロボロとケージの中が食べかすで汚れます。掃除がたいへ~ん!
まぁ、それはナックルボーンも同じですが♪

久々に加工されたホネを買いました(笑)。
[PR]
by rufus-creek | 2005-07-28 19:29 | 犬グッズ

スゴイダイズ

うちの前まで売りに来てくれるお豆腐やさんがあるのですが、音楽を盛大に鳴らしながら(笑)
入ってくるので、ルーファスが鋭く反応して吠えまくります(笑)。
そのお店のお豆腐は、とっても味が濃くて「豆~!!!」って味がして気に入っているので、
私の足にまとわりつくルーファスと先を争うようにドアを出て、必死で階段を駆け下りて、

「おじさ~ん!」

と声をかけます。もしくはとりあえず、玄関ドアをバ!っと開けます。
いつも必死で出て行くのですが、おじさんはもういないってことが度々なんです・・・。
家の前で待つ時間は、多分10秒くらいって決めてるのかしら?
努力もむなしく、間に合わないこともしばしば・・・。

おじさんの持ってきてくれるアイテムは、ほぼ全て気に入っています。
納豆もすんごく美味しいし、こんにゃくや揚げもかなりグゥです。
そして!何といっても豆乳がすごいんです。

買ったら、容器を移し変えて半分はルーファスのオヤツに豆乳ゼリーを作ったり、ジュースに
したりと工夫するのですが、おじさんの販売単位が大きすぎて、使いきれず困っていました。

そんな時に、見つけてしまいました。その名も「スゴイダイズ」

おじさんの豆乳とほぼ同じ味~~~!濃厚~~~!!!

原材料:大豆。以上!ぷぷぷ

小さなパックになっているので、ルーファスのオヤツは、これを水で薄めたもの。
(ゼリーにしていたのは、加熱して少しでも日持ちさせたかったからですので)
もちろん、ルのつく彼も、かなり気に入っております(笑)。

週に1日(といっても1食)の絶食の時に飲ませるジュースのベースに使うこともあります。

冷蔵庫で保存しなくてはいけませんが、気軽に濃厚で自然な豆乳が飲めるのはかなり幸せです。
添加物、ナシ!

「スゴイダイズ」

超オススメです(笑)。
e0078285_122922100.jpg

[PR]
by rufus-creek | 2005-07-27 10:55 | 手作り食

GCT その1

しつけ教室は、夏休みに入ったので、1ヶ月以上カリキュラムはありません。

が!グッドシチズンズテスト(犬の、笑)略してGCTのプレテスト講習に行ってきました。
春や秋に本テストが行われるのだそうで、次に受験を目指しているワンちゃんたちが来ます。
ルーファスは、まだ受験を考えてはいないのですが、犬と生活する上で、どれも大切なこと
ばかりなので、練習させてもらうつもりで参加しました。

家の中や、普段行く公園では出来ることが、新しい環境では出来ないことってよくあります。
このテストは、いついかなるときでも、飼い主と共に、変わらず振る舞うことができるかどう
かを見るようです。それって、すごく難しいことです。

毎日一緒に暮らしていても、ルーファスがどんな反応を示すか、どう感じるか、など飼い主に
は予想できないことは、た~くさんあります。
そんなときでも、犬に「大丈夫、落着いてごらん」と静かにいられるかどうか・・・むむむ。

ま、深く考えてもどうにもならないことですから(笑)、いざ教室へ!!!

私とルーファス。

実はですね、一番マズいのは「わたし」でした(笑)。
意味不明のコマンドが多い。すんごく無口でやったツモリでしたが、色々口から出てたらしい。
いくつかの項目で「飼い主の意味不明のコマンド」により不合格でした(泣)。

課題は、どこで何を言うか、きちんと飼い主が頭を整理することです。

ルーファスと普段からヘラヘラと歩いて、ビシっとコマンドを言うことが少ないのがいけない
(のかもしれない)。

習慣って恐ろしいですね。歩き始めに「さ、行こう」的声かけを頻繁にしている私です。
このときだけ使わないなんて、できないのですね。
これからは、自分が何をして、言っているのか意識せねば・・・。

「スワレ」のコマンドをかけたあと、ずぅっと人差し指を立てたまま歩いていたり(しかも自覚
なし)、「ターン」って言っていいのかな?と急に焦って、口を閉じたまま「ん~ん」なんて
言ってしまったり。飼い主壊れてます・・・(笑)。

それでも、最後に
「素の状態(んっとにお恥ずかしい)でこれだけできれば、これからが楽しみじゃない!」
と慰めていただきました。

そうなのだわ~♪これから一緒に上昇するのだわ♪♪♪キラキラ

先生のお話では、犬は3歳くらいをピークに、集中力が上がるのだそうです。
1~2歳は、ガシャガシャしているのが普通で、その時期を越えて、2~3歳ではスポンジが
水を吸うように何でも吸収する最高の時期なのだそうです。

1~2歳のガシャガシャは、楽しく過ごしてきました。てことは、これから、水をたくさん
吸わせて才能を開花させるもさせないも、「飼い主」なのね~~~!!!

ルーさんは、ここぞという時のアテンションが非常に高いと言われます。
人前で何かをするのも大好きのようです。
褒められたり、人を笑わせたり、遊ぶのも勉強するのも、大好きみたいです。

ルーファスのいいところを、飼い主が台無しにすることだけは避けたいところです(笑)。
犬の成長に比べ、飼い主はかなり遅れているのではないか?!?!とちょっと焦っています。

「ルーさん、時々待っててね~~~?!」
e0078285_12322244.jpg

[PR]
by rufus-creek | 2005-07-24 23:22

盛りだくさん

何だか今日は盛りだくさんな一日でした。
それなのに、画像は一枚もなくて、無味乾燥な日記になってしまいました。
・・・自分のものぐささが悲しい。カメラは持ってたのにぃ~・・・

前夜、遅く帰宅した夫が食事の片付けをしながら(夕食の後片付けは夫が中心に作業)、
「明日の朝、6時過ぎに駅に送ってくんない?」という。
「は?6時に、駅???」
すんごく早起きしなくちゃじゃ~ん!

朝。とにかくルーファスをトイレで用を足させて、バタバタと3人で出発。
夫を駅に送ったあと、ルーファスと一緒に浜辺を散歩することに決めたので、ルーファスも
慌てて準備支度をしたというわけ。

ルーファスの熱烈・見送りつき送迎で、夫は超・ニコニコで出張へ。
「どこいくん~~~!!!」と名残惜しそうなルーファス。
「でもさ、ルーさん、今から行くとこはきっと嬉しいよ。」と声をかけ、浜辺へ再出発。

30分100円パーキングに車を入れて、いざ!散歩。

いやぁ~、最高に楽しい散歩になりました。
早朝から犬を連れて歩いている人たちとのふれ合いが気持ちのいいこと!!!
お散歩隊だらけです♪ん~~~、来てよかった!!!
みなさんにこやか、なぜかお声も大きくて(笑)、お互いの犬とのふれ合いも楽しくて♪
(その浜辺は、夕方に出会うお散歩隊の方々もとてもいい感じなのです。)

砂浜をぴょんぴょん飛び跳ねるのが楽しいらしく、出血大サービスで私も一緒に走りました。
(砂浜は足腰にこたえますからね~・・・)
ルーさん、大満足で砂にダイブ!おいお~い・・・

そんなこんなで楽しくゆったりと?朝の散歩を済ませ、帰宅。
今朝は、BARFメニューにしました。ルーさんペロリ!とたいらげました。

午後からは、1ヶ月ぶりのセンターボランティアに行ってきました。
みなさんと楽しく作業をしてきました。
いつになくワンちゃんが多く、にぎやかでした。
暑いので、人間も犬も熱中症に用心しながらの作業です。

帰宅してから、ルーファスと一緒に今度は川べりへ出かけました。
やっぱりとっても暑いので、散歩の最後はドッグカフェに立ち寄って涼ませてもらいました。
そこでチョコラブのお友達に会ったので、ちょっとだけお店で遊ばせてもらいました。
自由に遊ばせてもいいよ~というノンビリ・カフェなんです。
ルーさんは、大抵盛り上りすぎて、お店を破壊しそうな勢いになってしまうので、
その前に遊びを終わらせます(笑)。
犬用ミルク入りとお水を「あ!」っという間に飲み干して、ルーファス大満足。

この後、出張から帰った夫を一緒に駅まで迎えに行って、熱烈・歓迎でお出迎え。

忙しい一日、ルーファス、ごくろうさん!!!
[PR]
by rufus-creek | 2005-07-22 23:31 | ルーファス

クリーニング

去年の冬、〆鯖の作りすぎで腱鞘炎になったことはご存知でしょうか(笑)。

以来、ブラシを持つ手にあまり力を入れられず、浴室の掃除などが滞り、「ボクがや
るよ」という夫の約束も、半年経っても果たしてもらえそうにないので、とうとう業
者さんに来てもらいました。
仕事が丁寧で早いと評判の担当者の人に来てもらえて、ホクホクの私。

ルーファスも、最初は興奮していたけど、そのうち寝てしまって(笑)、平和なクリ
ーニングタイムとなりました。

うちの浴室は、どういうわけかほとんどカビは生えないので、主に蓄積したタイルの
汚れを落として欲しかったんです。通常は、私が黙々とブラシ片手にこすって美観を
保っている部分です。

・・・ピカピカです。

エアコンのクリーニングもお願いしていました。
去年の夏は、色々の事情で抜けていたので、どんな状態か恐かったのですが・・・
案の定、やばい状態でした(笑)。

エアコンは、本来5月くらいの使い始め前にクリーニングするのが理想だと思うの
ですけど、ま、いいでしょう!

こちらも・・・ピカピカです。

今回は、徹底的にめちゃくちゃキレイにしていただいたようで、汚れの一つもないま
るで新品のエアコンになりました。すごいな~・・・

お金はかかるけど、手が痛いんじゃしょうがない。
大体、こんなにキレイにお掃除できないわ・・・
今度の冬には、〆鯖を作り過ぎないように気をつけます(笑)。
[PR]
by rufus-creek | 2005-07-21 14:23 | 家庭のこと

愛車の定期点検

1ヶ月遅れで、我が家の愛車「カムカムちゃん」(カムリ)の6ヶ月点検に行ってきた。
この車、結婚前からルフュパパが乗っていた車なのだけど、この通り愛称までもらって
私にとっても可愛がられている。可愛がられる故、よく点検にも出される(笑)。
本当に故障らしい故障もないし、ちょうどいい大きさだし、とっても気に入っている。

今日は、エンジンオイルも交換してもらったけど、前回の交換から、何と8000kmも
走ってしまったらしい!
オイル交換は5000kmが目安なのに、危なかった~!
エンジンオイルは、オイル会員というのに登録して、ボトルキープ(笑)している。
このキープしている分から使ってもらうと、割安になるという仕組みらしい。
我が家は、ほぼ何でもディーラーに頼むのでこういうことで節約している(と思う)。

今回の点検でも、これといった問題もなく、また安心してドライブができそうだ。

担当者と我が家の高速走行時のギア・ダウンの謎について、引き続き話し合いをする。
どうも、水温計に原因が潜んでいるのではないか?とポイントを指摘できたため、今後の
治療方針を立てる。

1)12月の点検時にサーモスタットを取り替えてみる
2)それでもダメなら、水温センサーを取り替えてみる

トップギアで走行中、突然水温メーターがグウ~ンと下がってしまう現象があって、その
後に、必ずギアダウンする。
水温がやたら低い場合には、ギアは4速までしか入らないように車自体に制御機能が働く
仕組みになっているらしい。
「ここが怪しいわね!」と担当者と妙に喜ぶ。

去年、エンジンを積み替えてから、停車時ニュートラルにするとドライブよりもうるさか
った現象も、こなれてきたのか静かになったし、これから数万キロは走れそう♪
総走行距離20万キロ以上は乗れるに違いない(と思っている)カムカムちゃん。

これからも頑張ってね~ん!
[PR]
by rufus-creek | 2005-07-20 13:11 | 家庭のこと

知らぬが仏

我が家のHPには、健康管理だの、トレーニングだの、真面目な(つもり、笑)コンテンツが多いです。もしかしたら「さぞかし勉強熱心なのねぇ~」とお思いの方もいらっしゃるかしら・・・?

実は、これらは、ただただ「知らぬが仏」だった私の過去を振り返っての反省が、きっかけになったものばかりなのです。

食事について・・・

私の家族が、私の子ども時代に飼っていた犬達は、家族と同じようなものを食べたり、ドライフードもたま~に食べていました。(フードは、試食した父に不評だったので少なかったのかもしれませんが。)
ルーファスの先代のトトは、とっても食が細くて口も小さかったのに、市販のフードはみな粒の大きいものばかりで、フードの選択基準は「トトが食べやすいサイズ」のもの。缶フードの時も、「トトが好きな」もの。
自分で作った食事は、犬の健康によくないという当時の話を鵜呑みにしていました。

心臓の慢性疾患「僧房弁閉鎖不全症」が老齢の小型犬の間では、非常にメジャーで、犬種によっては70%もの高い確立で発症する、治療法の確立されていない病だとは全然知らなかったです。(トトが8歳の時、発症しました。)
本来であれば、5歳くらいから年に数回、先生に心音を確かめてもらえば、ひどい発作を起こすこともなく早期発見してもらえ、早期に治療を開始できてQOLは向上したかもしれません。

歯磨きなんて、オモチャを噛んでればオッケーと思っていました。
歯周病は心臓の病気等と大きな関連があると後に知りました。
トトの歯は、お世辞にもきれいとは言えませんでしたが、年をとっても全部の歯が残っていることだけが自慢(?)でした。

次に、関節について・・・

外を歩く散歩は毎日でしたが、元気ハツラツのトトは、家の中でも跳んだり撥ねたり、よく遊んでいました。もちろん、滑る床で走り回っていました!
ボール投げで全力疾走させたり・・・ガシャガシャ滑りながら走って、ヘッドスライディングしてました。楽しいね~!よかったよかったの我が家でした。

11歳のある朝、突然、後足の片方が床につかなくなりました。
ビックリしてかかりつけの先生に見せると、「膝蓋骨亜脱臼」との診断でした。
これもまた、小型犬にはとても多い疾患だと後で知りました。

滑る床を走り回っていたことで、少しずつ膝のお皿が緩んでいたのでしょう。
トトの通り道は滑り止めのものを敷き、ソファやベッドの上り下りは、人に頼むように教え、自分で勝手に乗ったり降りたり、を止めさせました。
お友達に教えてもらった、グルコサミン・コンドロイチンの併用で、幸いまた走れるようにまで回復しました。

トレーニングも、同じような感じなのです。

人と一緒のベッドでないと眠れない、それだけの理由で、トトを連れての旅行はろくにしませんでした。
今思えば、必要とされるクレートトレーニングはできていて、待っててと言えば、どこででもカゴの中で静かに、いくらでも待っていられたのに!
電車でも車でも、そのカゴの中なら、どこまでも大人しく移動できたのに!!!
よく分かっていなかったために、犬の行動範囲を狭くしていた私たちです。

・・・こんな風に、ほんのちょっとしたことを気をつけたり、知ることによって、様々なことを、防ぐことは無理でも遅らせたり、症状を軽くしたりできたのか・・・と思いました。
トレーニングなどは、楽しみをもっともっと増やせたのです!!!
それまで、究極のほったらかしタイプだった私も、勉強をはじめました。
それが、今まで続いていて、未だにやめる兆しがないのです(笑)。

そして「こういうことも気をつけたほうがいいよね!」とフランクに教えてくださるお友達の存在も、とっても大きいのです。
[PR]
by rufus-creek | 2005-07-19 13:17 | 犬全般