「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ホリスティック・ケア( 24 )

ホップステップジャンプ!

年末に足をくじいたルーファス。
元々股関節が弱いこともあり、それ以降も脚の調子は一進一退だったのですが、暖かくなってからというもの、すこぶる調子がよいです。

ルーファスの関節ケア用のサプリメントも色々試していましたが、これといったのを見つけられず。困っていたら、一度も試したことのないサプリメント発見。試しに購入して、ほぼ一ヶ月。このサプリメントとは長いお付き合いできそうです!
e0078285_22395797.jpg
その名も、ホップステップジャンプ!

Paw Paw Clubというショップから購入しました。これを始めてから、ルーファスの速歩の後ろ足が以前のようなしなやかな伸びのある動きに変わりました。カプセルに入った粉末で、与えやすいのも気に入ってます。
[PR]
by rufus-creek | 2013-06-03 22:40 | ホリスティック・ケア

血液検査&手作り食セミナー

すったもんだ(笑)の採血の結果が戻ってきました。
e0078285_1628444.jpg
特に問題なし、でした。
ただ、赤血球が多いらしく、水分摂取量を気をつけるようにとのことでした。ルーファス、血が濃いんですよね〜。固まりやすいとか言われたこともあったんです。水はがぶ飲みのルーファスですが、こまめな水分補給になるように気をつけてやらないとです(^^;)。


先週末の土曜日、年に1〜2回開催される本村先生の手作り食関西セミナーに参加してきました。今回も、アメリカのホリスティック獣医学会の発表の内容から。面白い内容が多いので、毎回楽しみにしています。
e0078285_16313066.jpg
毎回、犬のいる暮らしを見直すいい機会になってるセミナーです。
今回もしかりです♪
中でもほほーと思ったのが、魚油について。
とっても酸化しやすい魚油、カプセルに入っていなければ恐ろしいスピードで酸化してしまうらしく、原料として魚油が使われている場合は、必ずといっていいほど原料レベルでエトキシキンが添加されている、というお話でした。そう。加工されればされるほど、何が入ってるか分からなくなるのが食品表示。ので、魚油はカプセル入りを使いましょう。

というお話でした。
脱線しますが、あまに油は犬の身体でちゃんと消化されず、上手に利用されないという話を受けて、以来、魚油を使うようにしていたのですが、最近、ちょっと浮気してフローラ社の亜麻仁油を使っています。犬の身体でうまく利用されないということですけど、ルーファス、毛艶もいいし、いい感じなので、まあ、色々ローテーションの姿勢でいいかな。な我が家です。

昨日、おとといと風邪でダウン気味だった私ですが、今日から完全復活!
軽い山登りしてきました。
e0078285_1642437.jpg

[PR]
by rufus-creek | 2011-12-02 16:28 | ホリスティック・ケア

「抗体価検査」

記録を紐解きますと、ルーファスが最後にワクチンを接種したのは2006年12月。
その翌年の春、狂犬病の予防接種のあと、体調を崩したルーファス。
狂犬病は、その後は抗体価検査をして予防接種をしていません。注射のアレルギーが出ると嫌だな・・・と思い、ワクチンも同様に3年間接種させずに過ごしました。

で、今年。2009年11月。ワクチンを追加接種するかどうか考えるため、抗体価検査を受けてみました。最初は何となく5種と思っていたのですが、先生とお話してみると、まず症状が重篤で治癒するかどうか分からない病気のディステンパー・パルボ、そしてアデノウィルスの3種でいいのでは?となりました。
パラインフルエンザは、もしかかったとしても治るらしいです。

採血が大変なルーファス、「オヤツ大サービスだよ~~~!」などと誤魔化しながら、どさくさに紛れて注射プチュ!・・・といった感じでギリギリ量を無事採取。1週間の検査期間をおいて昨日結果をもらってきました^^。
e0078285_1822255.jpg
e0078285_1822994.jpg
結果、3年経過していることがよく現れているというか何と言うか、ビミョウな数値です。

CDV-IgG(ディステンパー): 512倍
CPV-IgG(パルボ): 256倍
アデノⅡ型IgG(アデノ): 6倍

3種すべてにおいて「低抗体価ではないけど、長期の防護能を期待するにはもう少し高い抗体価が必要」なレベルでした。

うちにある「イヌやネコを愛する人のための ペットの自然療法事典 : 著者 バーバラ・フジェール、監修 山根 義久 2008年1月15日発行 (GAIA BOOKS)」に、確かワクチンのこと書いてあったなぁ~と思い、どれどれと探してみました。
バーバラさんのワクチン接種への基本的な考え方は、初回接種(2~3回の連続接種)と12ヵ月後の追加接種後、法律で義務付けられていない限り、せいぜい3年に一度の実施する、と書いています。

興味深いのが、『抗体価検査の結果、抗体がある場合、「細胞介在性免疫」と呼ばれる別の形態の免疫も存在していることを意味します。』という文章。

「細胞介在性免疫」って何?と思った私、調べてみました。
おそらく、細胞性免疫のことのようで、ネットで調べてみたところ「白血球やリンパ球などの細胞が細菌やウイルスやガン細胞を攻撃することによる免疫のしくみ。」とありました。

抗体に対する「鋳型」があり、感染が起こった場合にすばやく対応する、のだそうです。
なんか・・・分かるような、分からないような^^;
体内に「パルボ」が入ってきたら、細胞が「パルボ」ウィルスを知っていて、『こら!おまえ(パルボ)!入ってくるな!』とすぐに排除作業に入る、ということ???

さて、犬ジステンパー、パルボ、アデノの3種を調べたルーファスですが、これらのワクチンは接種した株によりますが、免疫持続期間が5~7年、もしくはそれ以上免疫持続期間があるとも書いてあります。これらの結果および情報を併せ、悩みましたが今年のルーファスの予防接種は見送ることにしました。

余談ですが、先住犬のトトは年をとってからパルボに感染した経験があるんですよ~。
心臓も弱り出した9歳ごろだったと思います。それも、予防接種してたのに、です。
予防接種は、病気に対する抵抗力をつけるものであって、病気を完全に防御するものではないんだなぁ~・・・という経験をしたんですね~。感染発覚後、インターフェロン3回接種で何とか無事に生還しました。3日間の闘病の末、朝トトがおかゆに口をつけてくれた時は、奇跡が起こった!と本当に喜んだものです。食欲が戻る=生きる力が戻る、っていうことなんだなぁ・・・と感じましたです。
[PR]
by rufus-creek | 2009-11-18 18:02 | ホリスティック・ケア

ホメオパシー(外用は人間用です)

私の愛用しているホメオパシー(詳しいことは、こちらを覗いてみて下さい^^)。
基本利用は内服レメディがほとんどですが、外用もいいものがありまして♪

e0078285_12351267.jpge0078285_12352063.jpg
打撲、捻挫、筋肉の凝り、こわばりに使えるArnicaジェルです!

↑ 数年前にたまたま見つけた「BOIRON社のArnicaジェル」がすごく気に入って、リピートしています。今回のパッケージ、ちょっとオサレに「Arnicare」なんて専用の名前がついちゃっててビックリでしたが。
それもそのはず、Arnicare専用サイトまで存在します。

Arnicaは、体力をつけ、術後の回復を早めるので手術の前後に取らせるといいとされる、治癒促進の代表レメディです。「これは明日、筋肉痛に間違いない」な運動をしてしまったとき、どこかに身体をぶつけてしまったとき・・・すぐにレメディを飲み、ジェルを塗ります。そして最近知ったのですが、旅行に必携のレメディだそうです。時差による疲労困憊を和らげてくれるんだそうです。

e0078285_12365182.jpge0078285_1237169.jpg
↑ この透明感のあるジェル、塗るとスーっとして「ん~効いてるんちゃうかぁ♪」と感じます。つい先日のことですが、膝が痛いと言うルフュパパに貸してあげたら「あ、治ったかも」と瞬時に言ってました。(・・・そこまで早く効かないとは思うんですけどね、笑)。塗った後、ベタつかずサラサラなところが気に入ってます^^。

↑右の写真は、最近取り寄せた夏用ホメオパシージェルです。
BOIRONのCalendulaのジェル、日焼け・虫刺され用に求めました。Arnicaジェル同様、サッパリした質感です。それから、使用頻度の高いArnicaのレメディも一緒に届きました。携帯しやすいデザインのもを選んでみました^^。

e0078285_12515056.jpge0078285_1252093.jpg
左の写真は、最初に買ったホメオパシーのセルフ・ケアキット。小さな小さな瓶がたくさん並んでます。そんな中、しょっちゅう使うものは決まってくるので、そればかりがどんどん減ります。(Aconite、Arnica(瓶ごとないし)が完全になくなってます^^;)、詰め替えをオーダーするのがだんだん面倒になり、使用頻度が人も犬も多い「Aconite」、「Arnica」はついにキットとは別に多めに買うことにしました。
何にせよ、急性の症状が起きた時には、まず「Aconite!」な我が家です。
「風邪かなっ?」と思ったらすぐにこのレメディを舐めます。

ArnicaジェルCalendulaジェルArnica 30Cレメディを買ったお店は、456ショッピング。アメリカから届くのでそれなりの時間はかかりますが、送料込みの商品価格が分かりやすく、商品到着後に支払いなので便利に利用しています。連絡もきっちり(日本語)してくれます。

Aconiteは、フェアデュウオブロンドンより。
こちらはその名の通りロンドンから届きます。でも送料は500円^^。日本語です。
バッチフラワーレメディも取り扱っています。

ホメオパシーは、ズバリ症状に当てはまるレメディを使わないと効果が現れないのですが、セルフケアに使用するような濃度のレメディでは、ほぼ副作用はないとされているので、選択を間違っても効果がないだけで済みます♪

そして、ズバリ当てはめるため、体調をつぶさに観察するようになります^^。
これは思わぬ副産物でした。
お医者さまに「どこがどう痛いの?」と聞かれて、「うーーーん・・・」と黙りこくってしまっていた私も、刺すように痛いとか、地響きするように痛いとか、表現豊かになりました?!

(一度アップした記事を誤って半分削除してしまいました・・・再投稿+αです)
[PR]
by rufus-creek | 2009-06-04 15:45 | ホリスティック・ケア

Food Therapy

な~んてタイトルを書くと、大袈裟な感じですね。
私と体質が似てるっぽいルーファス、結構暑さ寒さに敏感と思われます。
そんなルーファスの「Food Therapy」。
いわゆる「身体を温める食べ物」「身体を冷やす食べ物」ってやつを取り入れてます。

その日のメニュー肉を選ぶとき、基本は開封したパッケージの冷凍肉がなくなるまで同種の肉を与えるルフュ家です。が、ルーファスの体調が「?」と思われる時は、その状態にふさわしいと思われる肉を選ぶようにしています。お腹を壊したとか、吐いたとか、そういう明らかな不調なら絶食させますが、そうではなく「草を食べたがる」とか「やけに水を飲む」とか、「身体が冷えやすい」などのちょっとした変調の時です。

草を食べる、やたら水を飲む、に気付いた時は、身体の熱を取る肉を選びます。
牛肉の赤身や豚肉です。
牛はの~んびり草をはんで暮らしていて動きはゆっくりで大きな動物。
こういう性質の動物の肉は、身体の熱を取ってくれるらしいです。
豚肉は身体の熱を取る代表さんなので、夏には向いてるんでしょうね。
ルフュ家の人間も、夏にはよく豚を食べてます。豚、大好き(笑)。

身体が冷えやすいときや、寒い季節になると、鶏肉などの身体を温める肉を選びます。
鶏は「コッコッコッ」と鳴きながら、小刻みに激しく動き回っている動物です。
こういう動きの激しい動物の肉は、基本的に身体を温めるそうです。
この時期、身体を温める鶏やラムがルーファスメニューに増えてきました。

基本、人間の食材と同じ考え方みたいなので「どうせ与えるなら気をつけてみようかな」と、2~3年前から食材選びに取り入れていますが、なるほどいい感じです。
穀類、野菜にも、冷~中立~温、とさまざまあるようですが、今のところ、メインの肉だけ。
Food Therapy、面白いです♪
[PR]
by rufus-creek | 2008-11-20 09:57 | ホリスティック・ケア

「免疫力を維持する生活」

今、ヤクルトレディさんが試供品を届けてくれました。
カロリーカット・甘さ控えめヤクルトが新発売されたそうです。美味しそうです!
で、一緒に案内のリーフレットをくれたんですが・・・ちょっと面白い記事発見。

「免疫力を維持する生活6か条」

1) 笑いはNK活性(免疫力)を高めます。1日1度は笑いましょう
2) ストレスをストレスと思わずポジティブシンキングで生活しましょう
3) 起きるべき時間に起き、寝るべき時間に寝て、リズムある生活を送りましょう
4) 楽しく続けられる運動にトライしましょう
5) 花や緑、動物を愛するなど、原始的な感受性を刺激しましょう
6) 栄養のバランスがとれた食事を摂りましょう

犬と暮らしているだけで、クリアできてしまう項目が4つもあるじゃないですかっ(笑)!
1)、3)、4)、5)がクリア項目です。

で、犬がいることでストレスも意外に処理できたりして?
ってことで、最難関と思われる2)も意外にクリアできちゃったりして。
犬の手作りゴハン作ってると、自然と人間のゴハンも健康志向になるので(うちの場合)、
6)もクリアできちゃったりして・・・。

犬(動物)を飼うと、人間の免疫力を維持しやすいのだったりして!
[PR]
by rufus-creek | 2008-10-22 13:06 | ホリスティック・ケア

バッチフラワーレメディ

バッチフラワーレメディ。この不思議な「植物のエネルギーを転写した水」に魅了されて、どれくらい経ったのでしょう。今朝も、自分のコーヒーにポトリとしながら、セットを眺めてみました。あら、未だに開封していないボトルもあるもんですね~・・・。

と、しげしげと見てみると、我が家では利用する種類の傾向があるようです。
「ああ、何としても今の状態から抜け出したい」と思うときに利用しているからでしょうか。
e0078285_167567.jpg
ルーファスがまだ仔犬~1歳のころ、本当に世話になった「Heather」。
それから、「Mimulus」。
お留守番の寂しさを紛らわすためと、トラックの轟音のショックを和らげるため。
(特定のものを怖がるケースにMimulusはよく使われるので、一番利用されてるのでは)

で、面白いのが人間も一緒にレメディを使うよう薦めているんですよね。犬と同じのを。
わたしは別にトラック怖くないんだけど(笑)。
e0078285_1671388.jpg
松江 香子さんの「ドッグホリスティックケア」のバッチフラワーのページを一番利用してます。・・・分かりやすいからかな。

今となっては、ルーファスより人間の私の方が世話になってるバッチフラワーです。同じ感情がぐるぐる繰り返してしまう時、悪い方向へ考えが傾きがち・・・そんな時に利用することが多いです。「飲んだ」という気持ちの問題なのかもしれませんが、ふと「まいっか」と思えるようになるんですよねぇ。不思議です。
[PR]
by rufus-creek | 2008-08-23 16:09 | ホリスティック・ケア

「ハートランド物語」

子どもに読ませたい馬関連の本、として、ネットで紹介されていました。

e0078285_12392197.jpgハートランド物語

早速、図書館で借りてみました。
もうすっかり夢中です!

子ども向けの本で馬の本なのに、どうしてこのブログに?と不思議に思われるかもしれませんが、この物語には「自然療法」がい~っぱい出てくるんです。

この「ハートランド物語」は、心に傷を負った馬の気持ちを聞くことが出来て、癒すことが出来る能力を持った母娘を中心に描かれています。問題を抱えた馬を癒すため、人間への信頼を取り戻させるため、元気を取り戻させるため、自然療法を取り入れています。
バッチフラワーレメディ、ハーブ、ホメオパシー、アロマテラピー、Tタッチなどが登場します。

「驚いて強く打ったようね、アルニカクリームを取ってくるわ!」
「こんなに深い喪失感・・・ママだったらレスキューレメディを使うでしょうね」
「きっと彼にはイラクサが必要なのよ」

といった具合です。

まだ全6巻のうち3巻読んだところなんですが、いい本なので先走ってのご紹介。
深い心の傷を負った馬たちが変化していく様子は、心が洗われるようです。
動物と心の通い合い、お互いに生き物なんだな~ってあらためて思います。
自然療法に興味がおありなら、なお!
あ・・・物語としましては、涙なしには読めない本です。
その点、ご注意くださいませ。
[PR]
by rufus-creek | 2008-07-04 13:38 | ホリスティック・ケア

ボディラップ用のエラスティックテープ

Tタッチやドッグマッサージを広めている、松江香子さんのドッグリレーションのサイトにショッピングコーナーが出来てました。最近になって気付きました(汗)。

このショッピングコーナーで、ボディラップ用テープを購入できます♪

先日、デビー・ポッツさんのグラウンドワークのセミナー時、他の参加者の方から、「ルーファスくんちのそのテープ、可愛いね!」「どこで買ったの?」と聞かれまして。
松江さんのセミナーに出席しないと買えないものなのかな・・・と思っていたので、購入先が見つかって嬉しいです。ボディラップは、本を見ながら巻けると思います。自分にユルユルに巻いてみてから、ユルユルの力加減で巻いてあげるとさらにいいと思います♪ちなみに、このテープ1本でルーファスは上半身しか巻けません。全身にフルラップする場合は、2本をつなげて使っています。参考になれば嬉しいです。

ドッグリレーションのショッピングコーナーでは、ネトル、ダンデライオンなどの日常的に利用しやすいドライハーブも販売しています♪レスキュークリームも扱ってます。
ん~、厳選アイテムだなぁ~!
[PR]
by rufus-creek | 2007-02-08 09:07 | ホリスティック・ケア

セミナーのご紹介♪

ルーファスと私が初めて参加したドッグマッサージ&Tタッチのセミナーの講師、松江香子さんが主催する「ドッグリレーション」から不定期にニュースレターが届きます。このニュースレター、毎回素敵な言葉が届くので、とても楽しみにしています。今回のメールに、動物病院で定期的に開催されるセミナーの案内が掲載されていました。横浜元町商店街にある「みなとよこはま動物病院 元町クリニック」で開催されるそうです。毎月第1、第3火曜日、15時~17時だそうです。

第1火曜日 松江香子によるバランスドッグマッサージ&Tタッチ
第3火曜日 堂山祐子によるドッグハーブ、アロマ、バッチフラワー

関西でのセミナー予定はやはり少ないのですけれど(寂)、3月10日に大阪・南千里にてアロマのセミナーが開催される予定だそうです。面白そうだなぁ~~~♪

セミナーの詳細はこちら
よかったら覗いてみてくださいね♪
[PR]
by rufus-creek | 2007-01-30 13:46 | ホリスティック・ケア