「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ルフュパパ( 38 )

「帯状疱疹」になったルフュパパ

ルフュパパ、2日前から頭とおでこに何やら怪しげな湿疹が出来て、頭の左半分に鈍い痛みがある・・・と言い出し、なかなか治らない上に歯も痛くなってきたというので、病院へ行きました。診断は5分とかからず「帯状疱疹」と言われたそうです。

↓ 土曜日も診察してくれて、科の担当医さんが居るという条件で探した病院。
建物が綺麗なので思わず撮影したそうですが、病気だというのに余裕です。
e0078285_21355246.jpg
↓ 中はこんなだったよ、とさらにもう1枚。
待ってる時間に紀伊国屋に本買いに行ったそうで、病人とは思えない行動ですね!
e0078285_2136180.jpg
帯状疱疹って、時々耳にしますが、実際はあまり理解できてない病気でした。疲れがたまって免疫が落ちたりすると、昔かかった水疱瘡のウィルスがムクムク起き出して来て、神経に沿って湿疹が出て痛くなるんだそうですね。水疱瘡のウィルスって、神経の末端に生涯残るものなんだそうです。いやぁ~、知りませんでした><。
そして、帯状疱疹は大抵の場合、生涯に1回しかかからないんだそうです。

GWに入って、そりゃもうウキウキで毎日のように海に行ったルフュパパ。
その時期、寒気や気圧の関係でいい風が数日吹いたそうで、いてもたってもいられなかったんでしょう。波の上をかっとび、プレーニングしまくったらしいです。もう頭がガクガクするほどだったらしく。その激しい衝撃のせいで軽い頭痛がするのかなぁ、と思ったそうです。かなり歯を食いしばったせいで、歯が痛いのかも、とも。なんとも呑気です^^;。
とにかく、原因がハッキリしてホッとしたルフュパパでした。

↓ ホッとしたところで、ルーファスと浜へ散歩♪
公園の一角に「英国風ガーデン」があり、もうすぐ咲くよ!なアカンサスモリスとルーファスの記念ショット。・・・しかし、でかい植物ですよね!アカンサス。
ギザギサの葉っぱの植物なんですが、これで1株ですから驚きです。
e0078285_21389100.jpg
↓ 砂浜で遊んだ後、ルーファスを無理矢理だっこしてみました。
えへへ、相変わらず私より大きい顔です^^。
e0078285_21381720.jpg

[PR]
by rufus-creek | 2009-05-09 21:38 | ルフュパパ

お留守番

e0078285_23454926.jpg
金曜日の晩から月曜日の朝にかけて、ルフュママが旅行に出かけていたので、ルーさんと男どうし水いらずでお留守番していました。土曜日の朝の散歩帰り、ボーダーのくるみちゃんの家の前で。くるみちゃんのお母さんには、ルーさんが小さいころから可愛がってもらっているので、ルーさんもこの家は大好きです。
e0078285_23475031.jpg
土曜日の夕方と日曜日の朝は、ルーさんの散歩がてら近くの浜辺でウィンドサーフィンしてきました。ルーさんは、波打ち際の魚や貝の匂いに大興奮。砂に埋まった魚を嗅ぎつけて掘り出し、あわや食べるところでした。
2人とも疲れて、日曜日の昼間、映画を見ながら寄り添ってマッタリ。
e0078285_23465545.jpg夕方、森林公園でちょっとした山登り&ジョギングした後、小川のせせらぎで伏せするルーさん。
月曜日の朝、ルフュママが帰って来るまで、何とかおりこうさんで過ごせました。
[PR]
by rufus-creek | 2008-06-17 23:47 | ルフュパパ

ルーさんとお花見

e0078285_22143136.jpg
今年は天候不順のせいか、場所や木によって桜の開花時期がズレていて、全体として何時がピークなのかわかりにくい。近所の桜の名所も今週末になるとピークを過ぎてそうだし、平日の方がすいているので、今朝、ルーさんの散歩で行ってみた。

e0078285_22152671.jpg肝心の桜は、まだ7~8分咲きといったところ。いつものスポットで記念撮影。2年前から殆ど何も変わっていない感じ。

人影もまばらで、場所取りのブルーシートもあまりなく、平和な雰囲気。

e0078285_22161138.jpg出発した時は薄日が差していたけど、散歩から帰ると急速に暗雲が垂れ込めてきた。ルフュママによると、昼間も急に曇って激しい雨が降り、さらに雪に変わったりしたらしい。ルーさんは今、膝かけ毛布にくるまって、スヤスヤと寝ています。
[PR]
by rufus-creek | 2007-04-04 22:16 | ルフュパパ

ルーさん海に入る

e0078285_22135989.jpg今日は、東京に出張に行くルフュパパを駅まで送った足で、ルーさんはルフュママに海沿いの公園に連れて行ってもらいました。
ルフュママが油断していると、突然ズブズブと海に。帰宅後、即シャンプー。ふわぴかルーさんに!
e0078285_22183331.jpg
ルフュパパは、仕事が早めに片付いたので、もうすぐオープン1周年になるという表参道ヒルズに行ってみました。古い同潤会アパートを解体した後、鉄骨とガラスを主体としたモダンな建物が延々と続いています。中は、ニューヨークのグッゲンハイム美術館のように、吹き抜けに面した緩やかなスロープで螺旋状に昇降するようになっていて面白いけど、素材が無機質だしルフュ家とは無縁の小奇麗なお店ばかりで、ちょっとつまんない。

e0078285_22232376.jpg吹き抜け上部のトップライトからは投影機で最下部の緩やかな階段の上に揺れめく光を投げかけ、水面のような雰囲気。でも、鬱蒼とした並木の奥に、煤けた壁が蔦で覆われた同潤会アパートがひっそりと佇む、昔の表参道の方が良かったなあ。
今日は、ジャン・ポール・エヴァンの店に、チョコレートを買い求める若い女性が列をつくっていました。e0078285_22462044.jpg
[PR]
by rufus-creek | 2007-02-09 22:18 | ルフュパパ

ニュー・ボード

ルフュパパの趣味は色々あるけど、多分、一番好きな趣味はウィンドサーフィンだと思う。
それなのに、ケチな鬼嫁(笑)がいるので、道具はいつの間にかボロボロ。

e0078285_12562445.jpge0078285_12563166.jpg
聞けば、ボードはもう12年経つという(!)。FRPってそんなにもつの?と素朴な疑問。
リペアも限界、ボード全体も変色しかかってる(笑)。
・・・ええい、思い切って新しいのに変えていいよ!
ルフュパパと同世代のロビー・ナッシュというウィンドサーフィンの神さま(らしい)のボードを見つけてゲットしました♪

e0078285_1259227.jpge0078285_125928100.jpg
10年以上も道具を見ていないと、まるで浦島太郎です。すごく変化してますね、ウィンドの世界も。板がみんな薄くて、短い。より速く、より楽しく乗れるように変わってるようです。
さ~、ルフュパパ新しい道具に馴染めるかな?試乗が楽しみで仕方ないようです。

ルーファスもウィンド観察デビュー!
トトが初めてウィンドするルフュパパを見たとき、何が起こったのか分からずオロオロしていたっけな~・・・なんて話しながら、海へ向かう。ルーファスはどんな反応を示すか、楽しみだわ♪まずは、新しい道具と一緒にルーファス。まるで余裕ですね、この時点では。
e0078285_1315794.jpg
スイスイ~・・・っと出艇していくルフュパパを見て、ルーファス、大慌て!大焦り(笑)!
ルフュパパに向かってオウオウ泣いてます。そのうちルフュパパが米粒のように小さくなってしまったら、シュンとしてフセてました。相当ビックリ&ショックだったみたい。

その後、他のウィンドサーフィンが目の前を通ると、「ルフュパパか~~~?」といちいち声を掛けてました(笑)。ルーファスの呼びかけに皆さん、笑顔で返事してくれます。ルフュパパの帰宅を駅で待つとき、同じようなスーツを着た人にいちいち必死でシッポを振っているルーファス。やることが同じだわ~。陸に上がってきたら、その都度大歓迎。犬は本当に素直です。「どこ行ってたの~?!」「お帰り~~~!」・・・可愛いです。
e0078285_1331395.jpg

[PR]
by rufus-creek | 2007-01-16 12:56 | ルフュパパ

湯浅の暴走族

e0078285_2359347.jpg
てんでバラバラの方向に走る、メロディーちゃんとディマンシュ君とルーファス。ディマちゃんはボールを。ルーファスのお目当てはタンタン君?メロディーちゃんは?
e0078285_23585117.jpg
まずは、6ヶ月のジャックラッセルの子犬ちゃんと追いかけっこ。途中で一瞬、ディマンシュ君も参加。
e0078285_005288.jpg
珍しくタンタン君とメロディーちゃん。すごい躍動感。右端はくるみ姐さん?

e0078285_01977.jpgタンタン君の勇姿!いつもはおっとりさんだけど、今日は寒いせいか絶好調。走り方や走ってる時の顔はルーさんと似てるね。
e0078285_014083.jpg
タンタン君にしつこくちょっかいを出していたルーファス。タンタン君もついに怒って走り出してくれた。本気で走るとルーさんより速い。
e0078285_01511.jpg
メロディーちゃんのスピードには絶対かなわないので、小さい半径で走るルーファス。でも楽しいね!
e0078285_044678.jpgたまたま居合わせたラブちゃん達は、12月だというのに、プールにザッブ~ン!ルーファス、真似しなくていいよ。
そういえば、帰りの高速道路でホンモノの暴走族に合ったけど、途中のSAでカワイく記念写真を撮り合って、“想ひ出づくり”してた。
[PR]
by rufus-creek | 2006-12-11 00:02 | ルフュパパ

山のドッグランを満喫

e0078285_11531889.jpg
日曜日は雨みたいだし、土曜日、久々に山のドッグランに行った。落ち葉を踏みしめ、奥の森へ。今日は珍しく一人で勝手に走っていかず、ルフュママの近くを歩いた。
e0078285_11544282.jpg
まずは、偶然再会した、アジリティー仲間のラブちゃんと追いかけっこ。
e0078285_11563189.jpg
e0078285_1159996.jpg一息ついたところで、同じくアジリティー仲間のケフィーちゃんやみんなとご挨拶。ルーさん、寒くなったのもあって、絶好調。今日がランデビューというスキップちゃんは、ルーさんをすっかり気に入ってくれたみたい。以前に海岸で遊んでくれた1歳のボルゾイのロッコちゃんと、その新しい家族の3ヶ月の赤ちゃんボルゾイにも会えた。

e0078285_1215473.jpg
以前のルーさんは、よく一人で勝手に奥の森から入口の方へ帰ってしまったけど、今日は何と「待て!」でストップし、「おいで!」で戻ってきた!。感動感動。

e0078285_1245199.jpg入口付近のエリアで、もんじろうちゃん、みやびちゃんと。横幅もでて今や堂々たる体躯のもんちゃんの迫力に、さすがのルーさんも即降参。帰りの車では、疲れ果てて爆睡。今日は本当に行ってやってよかった!
[PR]
by rufus-creek | 2006-11-26 12:05 | ルフュパパ

朝日を浴びて・・・

e0078285_18365185.jpg昨日の朝一番は、雲一つない秋晴れ。前日にドッグランで遊んだばっかりだけど、気持ち良さそうなので山に登ってみた。池のほとりで朝日を浴びながら休憩。ところが、散歩から帰ると次第に暗雲が広がり、午後からは小雨が。仕方なく、夜のハーバーを3人で散歩した。

ルーさんは昨夜早くからグッスリ寝たせいか、まだ真っ暗な5時半に起きてベッドから飛び降り、寝室から出たそう。仕方なく、ルーさんだけをリビングに連れて行って、人間は8時過ぎまで寝かせてもらった。今朝は昨日の晩からの雨が少し残り、さらに風まで出てきた。ルーさんはネコの匂いを嗅ぎつけて張り切っていたが、やや元気がない。ルフュパパも小雨の中の散歩がこたえて、風邪をひいてしまったらしい。鼻水が止まらない。皆さんも気をつけてくださいね。今日は小雨が断続的に降る、寒々とした一日で、この秋初めてガスファンヒーターを出した。ルーさんも寒そうに丸まっていたので、夕方はレインコートを着せて近所を軽く散歩した。
e0078285_18241768.jpg

[PR]
by rufus-creek | 2006-11-19 18:29 | ルフュパパ

朝の散歩にて

e0078285_2365420.jpg
今朝はちょっと時間に余裕があったので、久々に山に行ってやることに。ハイキングコースをちょと登った、枝が三つに分かれた樹を見下ろす「山のルーファス」撮影スポットで休憩。ルー軍曹は何か嗅ぎつけたみたい。背後の奥の方の木々は、遅ればせながらかなり紅葉している。

e0078285_2313869.jpgこれは、ちょっと前の11月1日の朝、いつもの住宅地の側溝でサワガニを見つけたところ。ルーさん、興味津々でいつまでも見入っている。「さっ、行くよっ!」と言いいながら、強引に引き離した。もっと遊ばせてやりたいけど、仕事に遅れるから仕方ないね。
[PR]
by rufus-creek | 2006-11-16 23:25 | ルフュパパ

音大の特別講座

e0078285_12192771.jpg
昨日、某音楽大学が一般市民のために開いていいる講座を聴きに行った。年に4回くらい、何かのテーマについて、2時間くらいトークと演奏をわずか1000円で聴かせてもらえる。とはいっても、普段はそんな堅苦しそうなイベントには滅多に参加しないルフュ家。今回、ルフュパパのチェロの先生とルフュママのヴァイオリンの先生の先生が、偶然共演するというので、迷わず受講することに。

今回は、「クラリネット」がテーマで、講師の先生の面白いトークと、美しい演奏を楽しんだ。昔のクラリネットは半音を出せなかったので、調性ごとに違うものを用意していたらしい。その名残で今でも11種類もあり、イ長調をメインにしたA管がいちばんメジャーで、上手くなると半音高いB♭管を加えて「二刀流」になるのが普通らしい。

演奏では、甘く、どこかもの哀しく、また、中世の世界へいざなうようなクラリネットの音色と、高度なテクニックを堪能した。特に、モーツァルトとウェーバーのクラリネット五重奏曲の、溌剌として息がピッと合った演奏が素晴らしかった。モーツァルトのものは未完成で、第一楽章の展開部の3小節めで終わっている。普通、未完成の曲は、その続きを弟子や後世の人が加筆して完成させたものを演奏することが多いみたいだけど、この曲は楽譜が発見されたばかりらしいし、今回のように突然「フッ」と終わるのも、その先どうするつもりだったのか想像力をかきたてられて、なかなか良い。
[PR]
by rufus-creek | 2006-10-01 12:25 | ルフュパパ