ポニーとルーファス

昨日の夕方、久々にランに連れて行きました。
たまには、アホみたいに駆けずり回る時間が必要なのが、犬だと思っているので(笑)。
ところが、ルーファスは入場後ず~っと匂い嗅ぎ。もしくは上向いてフ~ラフラ。
I' just hangin' around・・・って、ラップか!って感じでした。

ホンワカ~とどこからともなく、非常に親近感を覚えるかほりが漂ってきます。
ルーファスも反応しました。走って行った先には、なんとポニーが♪
e0078285_14143318.jpg
もう、ルーファス釘付けです。
傍にあるベンチに登って、中の様子を見ようにも、フェンスの上には鼻しか出ません。
「この匂い!ボクちんは知ってるぞ!!!」
ルーファスはとき~どき乗馬クラブにも来るので、この匂いは知ってるはず。
e0078285_1417161.jpg
なんとかして、挨拶をしたい。
挨拶をして、なんとかして直に匂いを嗅ぎたい。
う~ん、う~ん。悩むルーファス。

馬さんも、一人ぼっちで寂しいようで。
ルーファスとわたしがフェンスから離れると、「ヒヒィィィィ~ン」と啼きます。
するとルーファス、慌てて戻ってやるんですよ(笑)。
ルーファスは一人ぼっちで寂しい子に優しい実績を持ってるので(近所の一日中放置&ガウガウ犬といつの間にか親密な友達になってた)、きっと慰めてるんだろうな~と思った親ばかです(笑)。
e0078285_14195747.jpg
「だって、啼き声が寂しそうだよ」

そこらへん薄情だなって思うんですが、この後、気の合う犬がルーファスを誘ってくれて、アホみたいに駆けずり回っていました。馬さんのことは二の次みたいです。
・・・あてに出来ない友達で申し訳ないね、ポニーくん。
[PR]
by rufus-creek | 2008-04-02 14:14 | ルーファス
<< 歩きじゃないと見つけられない? ブログに復帰! >>