「ほっ」と。キャンペーン

飛騨高山の旅 3日目

ようやく3日目、最終日です。雪がしんしん降る夜が明けると、朝は爽やかな晴れでした。
e0078285_11461885.jpg
↑ 絵に描いたようなツララです。
刺さったら痛そうなので、外を歩く時はツララがないところを選んで(笑)。
e0078285_22124554.jpg
ホテルの敷地内を流れる小川沿いの散歩道。
e0078285_11462840.jpg
↑ ホテルの周りグルリはお散歩コースになってます。
清流もあって、春~秋はきっと水遊びも楽しいのでしょう。
雪が深いので、あまり長いコースではないものの、みんなすぐ疲労します。
なのに、何故かみんな走らないときが済まないのです(笑)。
e0078285_11463997.jpg
↑ ランの中で飛び跳ねてるルーファス。
こういうポーズが撮影できると親ばかとしては嬉しいものですね~!
e0078285_11464870.jpg
↑ 雪の中から出てきたら、みんな「サンボダンサーズ」!
脇に飾りをいっぱいぶら下げてます。
・・・今日のトップダンサーはカーラちゃん(あれ?シェールくんかな?)!
お見事です!

ルーさんはというと、どうしたわけかこの日はこの程度の雪玉で済みました。
ホテルの人によると、1月2月になると気温がグッと下がるので、雪もサラサラになって払うだけでとれるそうです。それはラクチンでいいな~♪
e0078285_1147160.jpg
↑ ホテルのすぐ近くにある大鍾乳洞。犬も一緒に歩けます、ということだったので、行ってみることにしました。ここに飾ってあった2億円の金塊が盗難にあったのだそうで、この日はレプリカが飾ってありました。ていうか、金塊の飾り方、なにげに無防備のように感じるのですけど???

大鍾乳洞、中は意外に起伏が激しく、まるで軽登山。みんな大いに疲れました。
頭上は川底らしいですよ、というトンネルは閉塞感いっぱい。酸素濃度にうるさいルフュママとしては何だか息苦しいような気がして、ううう、出たい・・・!でも頑張って最後まで登りましたよ。なので、あんまり見学できず。我々以外、だ~~~れもいない鍾乳洞、ちょっと怖かったです(笑)。

帰り道は外の階段をひたすら下って元の場所へ戻りました。途中、山肌に「ここが鍾乳洞発見地点」と看板が立ててあったのですが、見つけた人は相当すごい!「ここだよ」と言われても分かんないんだもん(笑)。昭和40年に発見して、43年には施設をオープンしたと記録があり、そのスピードにちょっとビックリでした。
e0078285_11473273.jpg
↑ 薄暗~い鍾乳洞をみんなで走った(?)後は、全員が待ちに待った「じねんじょ」ランチです。いつも空腹のタイミングが合わず、最終日まで持ち越してしまったじねんじょレストラン。ようやく辿りつき?みんな満足!
自然薯のとろろと麦ご飯、幸せ~でした♪
e0078285_11474228.jpg
↑ 最後に高山市内の「古い町並み」を歩いてきました。
ファミリーマートでさえ、茶色い看板になっていて、景観を守ろう!という姿勢が随所に現れてとても綺麗な街でした。お店もどこも素敵!魅力的な珈琲店も多く、立ち寄りたかったのですけど、犬連れの我々は今回断念しました。今度は車でお留守番してもらおう♪
e0078285_11475341.jpg
↑ お買い物中のがあこさんを待つがーちゃんファミリー。これ以上くっつけないってくらい、3匹お団子です(笑)。可愛い~~~♪

ここは1日目の白酒を造っているお味噌やさんをがあこさん、発見!
中を覗くと、お味噌も美味しそう~。お取り寄せしてみたいなと思っています。
e0078285_114866.jpg
↑ 往きも帰りも歩いた東海北陸道の川島PAのオアシスパーク。夕暮れ時がとっても美しいです。犬を連れての旅行は、のんびりペースでとっても楽しい!また行きたいな♪
[PR]
by rufus-creek | 2007-12-24 11:45 | 旅行
<< 来年もよろしく 飛騨高山の旅 2日目 >>