ちょっとした話 第二弾

今日の夕方、ルーファスを海岸に連れて行きました。砂浜でノンビリ波の音を聞きながら、月と星を眺めてボンヤリしたいなぁ~・・・と思いまして。薄暮の中、さざ波の音を聞くのは本当に至福のひと時です。

さて、この海岸の公園には広い広い緑地とグラウンドがあります。
楽器の練習をしている人がいたり、運動している人がいたり、カップルがいたり、みんな思い思いの時間を過ごしています。ぐるぅ~~~り一周回ると結構距離があるので、ランニングしている人もチラホラ。

ルーファスとぼんやり緑地を歩いていると、すっごく大きな笑い声を上げながらランニングしているお父さんと娘が遠くから走ってきました。すごい音圧レベルのお父さんです(笑)。わたしも音圧レベル高いんで、ルーファス、親近感を覚えたんでしょうか。すっごく興味深々に待ち構えています。

お父さんがルーファスの横を通り過ぎようとした、その時!

ルーファス、飛び出した w(゚o゚)w

どこ行くんだ!と焦るわたし&お父さん。
次の瞬間、ルーファスはお父さんに「ヒール」しました ゞ( ̄∇ ̄;)

・・・何故か、お父さんと娘のランニングに乱入、併走しちょります。

と思ったら、グググと前へ出て、ひとり先導し始めました・・・ゞ( ̄∇ ̄;)

お父さんが後方でテンポを上げるのを察知したら、ルーファスも猛然と加速。
・・・ってことは、わたしも仕方なく加速ですよ(苦笑)。
何故か、4人+1匹でしばし、本気マラソンです。
お父さん、お嬢ちゃん、わたし、人間たちは大笑いでバイバイしました。
ルーファスはほんとに笑わせてくれます・・・(笑)。
[PR]
by rufus-creek | 2007-10-24 22:54 | ルーファス
<< Rufus Meets a CAT お久しぶりに・・・ >>