「子犬を飼ったあとに」

イアン・ダンバー博士ってご存知ですか?獣医師であり動物行動学者のおじさんです。
「犬にフェアなしつけ」を紹介しているおじさんです。コングのおじさんです(笑)。
ルーファスを迎えることを決めた当時、ネット等で調べた範囲では、プチバセットは「しつけに根気がいる犬種」だと紹介されていました。根気のいるしつけって、どんなの・・・???

早速犬のしつけについて知ろうと思い、探した本です。本家のHPの本コーナーにも紹介していますが、「子イヌを飼う前に(赤いカバー)」「子イヌを飼ったあとに(青いカバー)」、ほかに「ダンバー博士のイヌの行動問題としつけ―エソロジーと行動科学の視点から」という本もあります。

e0078285_12425997.jpg中でも、私が特に気に入っているのは、「子犬を飼ったあとに」です。今でもよく相談に乗ってもらう大切な友達です。この本のおかげで、ルーファスはお留守番を覚えられたと思います。いや、ルーファスにお留守番を教える方法を、私が教わった、の方が正しいでしょうか。
子犬を家に迎えて、大人になる3歳くらいまでをどんな風に過ごすのがいいのか、優しく教えてくれる楽しい本です。うまくいかない時も、いっぱい励ましてもらいました。「みんな通る道なんだよ?」とダンバー博士が背中を優しく叩いてくれます。
[PR]
by rufus-creek | 2006-10-15 12:33 | トレーニング
<< 昼寝の季節 マイクロチップ >>