ルーファスの検査結果

時間のかかっていたルーファスの組織検査の結果が出ました~!
e0078285_1253146.jpg
悪いモノの可能性はありませんでした。腫瘍性の病変もなかったそうです。
とりあえず一安心です。

今回見つかったポッチは、何と「血栓」だったそうです。
来院前の私たちの当初の予想は、どこかにぶつけて出来た「血の塊」だったのですが、そういった外的な力によって出来たものではなくて、毛細血管の一部が詰まって(!)出来たものだそうです。
今回の血栓が出来た場所が、皮膚表面だったため、毛細血管が詰まっていても周りから栄養を取ることが出来たため、特に大きな変化が現れなかったようです。

内臓や脳で血栓が出来たのじゃなくてよかったですよ、とのお話でした。
水分をよく摂取させ、血液サラサラを保つことが大切であろうとの見解でした。
そうやって若いうちから、気をつけてやれるのはいいこと、と先生。
最近では、血栓は犬や猫にも多いのだそうです。7歳を越えたら気をつけて、とのこと。昔は原因不明だったのが、CTを撮ったり出来るようになったことによって分かってきたのだそうで・・・。

振り返ってみれば、暑い夏の外出時、水分の補給が足りなかった日があったのかもしれません。家の中で、よりも外での活動時が要注意のような気がします。散歩の途中にももっとこまめに水分補給してやろう!とルフュパパが宣言していました。

ルーファスのサイズで、一日の最低必要水分は700mlとのことでした。
自宅で現在の水の量を計ってみたら、毎日その程度もしくはそれ以上飲んでました(笑)。
ん~、それだけ水分を出してるってことのよう(笑)。
・・・それにしても、水分の多い手作りのゴハンでよかったなぁ・・・とも思いました。
[PR]
by rufus-creek | 2006-02-12 19:04 | ルーファス
<< 久々のラン! ルーファス・初センター >>