走り抜ける「塊」

乗馬の後は、Vnのレッスン。週末の休みのパターンが複雑だったので、珍しく2つを重ねてしまった私。(体力はもつのか?)
ところが、Vnのレッスンでも、これまた開眼するような私の悪いクセを発見してもらい、矯正方法を練習した。この練習でボウイングが安定したら、すっごく良くなると思う!
この「ボウ」というのは、弓のこと。
実は、「弦楽器」と「馬」には共通点があって、弓には「馬のシッポの毛」が使われている。
ふとそのことを思い出し、後片付けしながら指導員さんにコネタとしてお話した。
ちょっと喜ばれた♪
ラズさんのシッポの毛を使って(笑)、こんな風になってるんだと実際に見せてあげた。

そして、ようやくルーさんと夕方の散歩。
今朝はた~くさん歩いたので、夕方は軽くね~♪と薄暗い時間帯に出発。
平和にお散歩して、ルーさんの疲れ具合もちょうど良さそう・・・じゃぁ、うちに帰ってゴハン食べようね♪と話をしながら、うちの家まで、あと100mという地点の空き地に立ち寄る。
ルーファスがピン!っとしたので、何か?と思ったら、草むらでゴソっと音がする。
「うわ!ネコか!?」
と思った瞬間、何故か、地響きが。

「???」

ド ド ド ド ド ~ ~ ~ ~ ・・・

グレーの塊が飛び出てきた!
「なんじゃ、なんじゃ、なんじゃ~!!!」
そのグレーの巨大な塊は、私とルーファスの横をすんごい勢いで走りぬけた。

い、い、イノシシだ~!

すっごいスピードで山へ飛び込んだ。こ、こわ~~~・・・
動物のドキュメンタリーみたいなイノシシの走りっぷり、地響き凄かった。
よく私たちの方へ突進してこなかったものだわ。
年々、イノシシとの遭遇率が上がっているのは気のせいかしら?
[PR]
by rufus-creek | 2006-01-11 18:48 | ルーファス
<< 「The Rider'... 乗馬 11回目 >>