秋の散歩

「冷えるね~」なんて言葉を口にする日が来るとは。ついこの前まで、「暑い、暑い」って騒いでいたのに。ルーファスとの散歩も、長い時間出かけられるようになって、とっても楽しい。昨日の夕方の散歩は、山にちょっと入るコースを選びました。住宅街を抜けて、ちょこっとだけ山登りをするので、ルーファスも好きな様子です。枯葉の上をサクサク走り回って、とっても嬉しそうです♪

山を登る・下りるの時に、リードを放せないルーファスですので、飼い主は必死です。以前の私たちは・・・ドドド~!っと下山していくルーファスに必死でついていくか(笑)、必死で止めるか、どちらにしても、足場の悪い山でのことですので、結構命がけでした。

ところが最近は、少しルーファスの方に思いやりが出てきて(?)、階段を下るときも、2~3段ぴょんぴょん先を行っても、「まって~」と言うと私が隣に来るまで待っていてくれます。「ありがと!」でまた歩き出します。うふふ、転落の危険を冒さずに山に下りれるなんて、ありがたいな~とシミジミ。(え?それがフツウですって?)

帰り道、人気のない空き地で「ガサガサガサ」!
『やや、ナニヤツ!?!?!』
警戒した私たちの目線の先には、茶色いイノシシ。
ひえ~、ルーさん、さっさといこいこ!
「ルーファス、行くよ♪」
昨日のルーさんは、比較的素直にイノシシへの執着をあきらめてくれました。ホ・・・

それにしましても、プチバセット(ルーファス?)の旺盛な好奇心には、日々驚かされています。
e0078285_11304045.jpg

[PR]
by rufus-creek | 2005-11-10 11:34 | ルーファス
<< キャバリエでした・・・ 自然か、道路か >>