耳のクリーナー「オティ・クレンズ」

ルーファス用に愛用していた耳の洗浄液の「オティ・クレンズ」。
いつの頃からか、取り扱うショップがどんどん減り、入手困難になっていき・・・仕方なく、ビルバックで代用していました。その後、クリーナーはほぼ不要となり、久しかったのですが。つい先日、ふと思い出してオティクレンズを検索してみたら、出てきました!
e0078285_1516863.jpg
日本語になってる。なるほど、手に入りにくくなったのは、移行期だったのか?
で、明らかにパッケージは可愛くなくなってしまいました。
とりあえず、このクリーナーをまた使えるのは嬉しいのでヨシとします。

オティクレンズ、セール中だったので嬉しくてつい2本買ってしまった。
こんなリアルなイラストつきで届きましたよ〜♪
e0078285_155016.jpg
犬の鼓膜はこんなに奥深く、横についているから安心(?)。
e0078285_1551988.jpg
使い方もこんなに丁寧に書いてありますね~。
我が家では、耳に注ぐ。くちゅくちゅ耳の付け根を揉む。
ルーファスにブルブルってさせる。外耳を拭き取る。
以上です(笑)。
めん棒で中をこすったりせず、指に巻いた布や脱脂綿で拭き取る、丁寧にやるときでもせいぜい脱脂綿をカンシに巻き付けて届く範囲を拭う感じです。

春の不調以降、どうも左耳だけスッキリしなかったので、クリーナーをまた使うことにしたのですが、これで洗浄していたらみるみる綺麗になってきました。ちょっと気になる添加物(プロピレングリコール)が入ってはいるんですが、やっぱりまずは綺麗にするところから、と考えてヨシとします^^。汚れ落ちが本当にいいのに、刺激が少ないようで、ルーファスも全然嫌がらないんです。他の商品で「自然由来」とうたっている耳クリーナーでも、意外とルーファスは嫌がって「ボクちんの耳の中がヘンだーーー!」とのた打ち回ったりしていたんですけどね(笑)。これは全然嫌がりません。謎です。
[PR]
by rufus-creek | 2011-11-02 18:04 | 犬グッズ
<< 新しいデジカメ・LUMIX LX-5 5日ぶりの森林公園 >>