奥長良でキャンプ

年に一回はがあこさん一家と犬連れキャンプに行く我が家。
今年もレッツゴー!ってことで、ボンゴ家レポートを大いに参考にさせていただいて「ひるがの高原」でのキャンプ計画を立てました。岐阜って本当にいいところですよね〜!行ってみたい場所、繰り返し行きたい場所がいっぱいあります。
今回、初めて訪れる場所でがあこさんも賛成してくれたのが
N.A.O.奥長良キャンプ場」。
e0078285_113965.jpg
道中、すんごい陸橋みたいのがいっぱいあって、いったいどんな秘境に行くんだろうという気分でしたが、到着してみると人里を見下ろす小高い丘のようなところに段々畑様のキャンプサイトの連なる素朴ないいところでした。
e0078285_1143085.jpg
日程を決めてキャンプ計画をごそごそやってると「その日ならOK!」とうらら家、タンタン家、くんくんママさんもご一緒してくださり、賑やかな楽しいキャンプとなりました。

ここは犬OKのキャンプ場のうえに、それぞれの区画に柵があらかじめ設置されていて、犬を安心して放しておけるいいところです。ルーファスは過去に、夜、テントから出て付近を徘徊した過去を持ってますからね〜(笑)。
テントからズボ!っと出て行っても柵があるので本当に安心です(笑)。
e0078285_1113648.jpg
タンタン家のキャンピングカーが紅葉の始まった木の間で絵になってるな〜と、眺める面々。

キャンプに行く度に「あ〜!ないと本当に不便!」と痛感したものを買い足す、サバイバル方式キャンプの我が家、ひとつずつアイテムを強化してきています。(があこさん、不便におつきあい、いつもサンキューです)で、今回は焚き火を囲むテーブルiconを増強しました。人間9人でしたが、誰もあぶれることなく火を囲めて快適でした。

しかし、犬たちは直火でないから安心だと思ったのか、こんなに低いのに大型犬も小型犬もこの回りをウロウロ、があちゃんたちは焚き火のすぐ傍を平気で通過!かと思えば、大型犬のうらら家の犬たちも火の傍で寝てしまい、火の粉が飛んで「!!!」なシーンが・・・

そんな騒ぎを横目に、プチバセたちはマイペースにそれぞれ思い思いの過ごし方をしているのが可笑しかったです。スノっちは荷物の間に紛れて気を消していましたね(笑)。くるみちゃんも隅っこで丸くなって「誰も私に構わないでいいから」(笑)。ルーファスはというと、お隣のサイトのトイプードル3匹が構ってくれるらしく、ず〜っと隣のサイトに張り付いていました(苦笑)。
e0078285_11235441.jpg
一応、こういう協調性が必要な状況も受け入れますけどね(笑)。
これは、翌日の午前中にひるがの高原スキー場で記念撮影。
絵に描いたような青空!犬は自然が似合いますね。

話はキャンプ場に戻ります。夏に計画したので、この「じゃぶんこ池」をかなり楽しみにしていたのですが、10月の岐阜はすっかり秋。ルーファスは足先だけつけて「別にいーや」と全然喜びませんでした。うらら家の犬たちは大喜びで遊んだそうです(笑)。さすが!
e0078285_1130298.jpg
奥長良川の上流があるらしく、散策によさそう・・・でしたが、足場が悪く断念したそうです。
e0078285_11304413.jpg
お風呂は事前に目を付けていた「湯の平温泉」。
400円で入れ、立派な露天風呂(ただし、妙に浅いです、笑)があるのですよ。
遅い時間まで空いているのもありがたいです。男性陣は昼間に入り、女性陣は寝る前に入浴。本当に温まりました。
e0078285_11345670.jpg
岐阜に来る時には必ず立ち寄る、スーパーSAの「川島SA」。
散歩コースに事欠きません。
こんな池があって・・・
e0078285_113945.jpg
何故か船頭さんの漕ぐ木舟が浮かんでいたり・・・
e0078285_11385482.jpg
四季折々の花々が楽しめるようになっています。
e0078285_11383610.jpg
さ、また話はキャンプ場に戻り(笑)犬連れキャンプを楽しむ場所なので、ドッグランもありますよ!ルーファス、早朝に貸し切りです。久しぶりに飛行犬になってますね。実は私が走っていて、それを追いかけています(笑)。
e0078285_11414733.jpg
このキャンプ場、素晴らしいのは場所や環境だけではありません。写真撮影していないのが残念ですが、管理人さんが超・素敵です。隅々まで管理人さんの手が入ってる感じがするキャンプ場です。さらに、こじんまりとした管理棟では忘れがちなグッズをきめ細かいラインナップで少量多品種な感じで揃えてくださっています。薪も売ってます。私たちは一晩で2巻き、使いましたよ。

移動することを察知して、さっさと助手席に座ってスタンバイのスノちゃん。
e0078285_11434084.jpg
向かった先は、ひるがの高原。まずはスキー場で散策&ランチ
石釜ピザをいただきました。このピザがなかなかのお味。また行きます(笑)。
ここは別名「コキアパーク」という名前がついているのですが、その名のとおり、コキアがたくさん植わっています。
e0078285_11565364.jpg

その後は「まきばの森」でしょこらさん&獅子くんと待ち合わせ!ここのランは、犬1頭500円の利用料を払うのですが、3頭以上は一律1000円です。多頭飼いの人には有り難いですね!
e0078285_11494365.jpg
獅子くんのこと、すっかり気に入ったルーファス、なかなか相手にしてもらえず悲しそうでした(笑)。
一生懸命、自分をアピールしている後ろ姿・・・
e0078285_11511115.jpg
やっと、ちょこっと追いかけてもらえた!
e0078285_11585956.jpg
このドッグラン、サイト上では5,500平米と書いてあるんですけど、感覚的にはその倍はありそうな気がします。
アップダウンもあり、ルフュ家は超気に入りました。走り回るより、人と一緒にのんびり散策する方が好きになってきたルーファスにもぴったりで、とっても楽しいひとときでした。
しょこらさん、獅子君、また会いましょう!!!

今回のキャンプで、ルーファスはまた笑えることしてくれました。

テントの入り口の前にルーファスの小屋であるバリケンを置いていたのですが、ゴハンを与えるのに「ハウス!」と号令をかけたら、ちょっと考えてるなと思った次の瞬間、バリケンではなく、テントの方にズボ!っと飛び込み得意顔。
・・・ハウスが2つある時は、大きいのに入ると思っているんだな(笑)。

夕方、眠くて眠くて仕方がなくなったルーファス、まだ準備終わってないからテントに入らないで!と言ってるのに無理矢理ぐいぐい入ってきて、私のシュラフを横取りしてほりほりベッドメイキングして爆睡してしまいました。中で犬1匹が寝ている我がテント、妙に静まり返って見えました。
ええ、ええ、ゴハンタイムまで出てきませんでした。
・・・自分のタイムテーブルは自分で守るんだな(笑)。

テントを撤収していた時のこと、ルフュパパと快調に片付け、いざテントをたたむ段になった途端「そのハウスでまだ寝たい〜〜〜」と突進してきます。もう畳み掛けてるのに、入り口からズボっと無理矢理侵入、「んもー!!!」と中を覗いたらいきなり横倒しになって寝ました(笑)。
どんだけ強引やねん(爆)!そのあとも片付けるなと無言のアピール、テントの中が砂だらけです。トホホ

というような出来事がありました。
・・・すでに思い出深いです(笑)。
e0078285_12183461.jpg
「は?」

[PR]
by rufus-creek | 2011-10-18 11:01 | 旅行
<< 5日ぶりの森林公園 ひるがの高原でキャンプ >>