はじめて知った「水中毒」

年にほぼ2回受講している「犬猫の手作り食」セミナーに参加してきました。
今回は「血液生化学検査」についてのお話で、なかなか内容の濃いものでした。

でも、今回一番印象に残ったのが「水中毒」です。
なんでしょうか、それ?と思いましたが、死に至ることもあると聞いてかなり驚きです。
Wikipediaによりますと
「過剰の水分摂取により生じる低ナトリウム血症を起こす中毒症状」
とあります。

これからの季節、犬に水を与えるときは量を把握しながら与えること、
真水ではなく、1Lあたり2〜4gの塩を加えた水を与えるのが望ましいそうです。
うーん、ルーファスは水をがぶ飲みするからなあ(飼い主もですが)。
お互いに水中毒に気をつけなくちゃです。

ルーファスの「実は涼しい眼」が撮影できました(笑)!
e0078285_20584890.jpg
「・・・・・・・・・」

[PR]
by rufus-creek | 2011-06-27 20:58 | 手作り食
<< フライパン2号 バイオリンのこと >>