レーザー治療

2月に右足指間の腫瘍切除手術を受けたルーファス。その後の経過は順調だったのだけど、先週半ば頃、朝の散歩後のグルーミング中にその場所が少し赤くなっているのを発見した。

え!また?と思い、夫と顔を見合わせる。次の日、獣医さんに診てもらった。結果、再発とは考えにくい症状だそうだ。指の間はデリケートのようで、ケガや手術などがきっかけになって、アレルギー症状が出ることがあるのだそうだ。
そうなんですか・・・。

5日間ほどお薬を飲んで様子を見てくださいとのことだったが、薬を飲む以外の治療法はないか尋ねてみた。今回切除した腫瘍の発生から、抗生物質を飲んだ日数は長い。
できることなら薬は避けたいと思っていることを伝えた。すると、時間はかかるけれども、薬よりもレーザーを使った治療の方がいいとのことだった。

一週間を目安に、患部にピンポイントでレーザーを10分当てる。
毎日通わなくてはいけないから、ちょっと大変だけど。
原因がハッキリと分からない症状に対し、副作用がない治療ができればそれにこしたことはないワケで・・・。
今回の症状にはレーザー治療は効果があったようで、2~3日で赤みが消えた。
[PR]
by rufus-creek | 2005-03-19 00:00 | ルーファス
<< やっぱり山が似合う犬 ハーバーで散歩 >>