ホリスティック・ケア

我が家のルーファスの栄養のこととか、体のこととか、色々勉強していくうちに、ホリスティック・ケアの考え方が人間・動物両方に広がっていることが分かってきた。たまたま、手作り食の勉強のために購入した本の著者・ピトケアン博士もホリスティック獣医だったのと、通っているしつけ教室で習った「犬のマッサージ」や、バッチ博士の「フラワーレメディ」なども同じ考え方に基づいている。
(フラワーレメディは、ルーファスのお留守番のコーナーでも登場)

ホリスティック・ケアの私自身の印象・解釈は・・・
「心身ともに健康を保つために、全体をバランスよく見ましょう」って感じ?

今日、こんなサイトを見つけた。ドッグリレーション
私達は関西在住なので、とても参加するのはムリ・・・。
犬と一緒に参加可能なイベントも多い模様。
参加型の我が家としては、行ってみたい~!
[PR]
by rufus-creek | 2005-03-29 11:40 | ホリスティック・ケア
<< クスクス・サラダ ブラームスが似合う日 >>